『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » FXの基礎知識 » FXのpipsの意味とは?計算方法

FXのpipsの意味とは?計算方法


FX(外国為替証拠金取引)をするなら、必ず利用するのが「pips(ピップス)」です。

使うと言っても機能などではなく、最小値幅単位のことを意味し、「今日は50pips獲れた」とか「あと100pips上昇したら利食いしよう」といった感じで使います。

ここで、「何で50銭や1円ではダメなの?」と思う方がいるかもしれませんね。

それは、ドル円やユーロ円・ポンド円・豪ドル円などのいわゆるクロス円と呼ばれる通貨ペアの場合は、円絡みなので「銭」を使うことができますが、ユーロドルやポンド米ドルなどは日本の通貨は関係なく、アメリカのドルやセントが使われるからなんです。

pipsとは?

FXの世界では、どの通貨ペアでも同じように表現できるようにpipsという単位が使われています。

ちなみに、pip(ピップ)が本来の単位で、結果的に複数になることがほとんどなのでpips(ピップス)というように複数形になっています。

pipsの計算方法

クロス円の場合は、0.01円が1pipです。

例えば、ドル円を120円で買って120.15円で利確した場合、15pips獲れたことになります。

FX会社によってはもう1桁下まで表示されるので、ドル円を120円で買って120.157円で利確した場合、15.7pips獲れたことになります。

この時、1万通貨単位で計算すると、100万円で取引して1pip動くごとに100円の損得が生じることになるため、15.7pips × 100円 = 1,570円というように計算してください。

問題は外国通貨同士の通貨ペアで、この場合は0.0001が1pipsです。

そして、外国通貨同士の通貨ペアを決済した時は、pipsをもとに円に換算されます。

例えば、ユーロドルで10pips獲れて、その時のドル円のレートが120円なら、10pips × 120円 = 1,200円となるのです。

このように、通貨ペアの違いやその時のレートによって、同じ1pipでも日本円の値段は違うということを理解しておきましょう。



Related article

FXで儲けたら、税金のことを考えなければなりません。 申告・納税しないと、脱税したとして逮捕されたり追徴課税されたりするので、確定申告をし...


FXをやったことがない方でも、円高・円安という言葉を聞いたことがあると思います。 ニュースでもよく耳にするごく一般的な為替用語ですが、経済...


少し前の日本のFX会社の中には、レバレッジ400倍のところもありました。 単純計算ですが、100万円の取引証拠金で4億円のトレードができた...


スワップ金利目的のトレードは、一度ポジションを持ったら長期間キープし続けます。 短ければ数日ですが、数ヶ月、場合によっては数年間に渡りポジ...


FX会社に口座を開設することは無料で出来ます。 ただし、FXの場合、システムを利用して取引の注文を出すので手数料が必要となり、それがスプレ...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

安倍首相退陣報道時のドル円1時間足

安倍首相が2週間連続で病院に行き、顔色も悪く、元気もないことで、世間では退陣予...

米ドル円暴落

米ドル円が全く動かなくなりました。これでは米ドル円で稼ぐことはできません。米ド...

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ