『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » FXの基礎知識 » FX・為替のスプレッドとは?

FX・為替のスプレッドとは?


FX会社に口座を開設することは無料で出来ます。

ただし、FXの場合、システムを利用して取引の注文を出すので手数料が必要となり、それがスプレッドと呼ばれるものとなります。

スプレッド(spread)とは、日本語で「広げる」を意味しますが、FX(為替)のスプレッドも同じように売値と買値の差のことを意味します。

DMM FXのスプレッド

DMM FXの場合、売り買いの間に表示されている数字がスプレッドで、ドル円0.3pips(2019年10月から0.2pipsに変更)、ユーロ円0.5pips、ポンド円1.0pips、ユーロドル0.4pipsとなっています。

外為オンラインのスプレッド

外為オンラインの場合はスプレッドが表示されていないので、それぞれのレートの差を「買いレート – 売りレート」で計算する必要があります。

外為オンラインのスプレッドは、ドル円1pips、ユーロ円2pips、ポンド円3pips、ユーロドル1pipsです。

上記のとおり、それぞれのFX会社がスプレッドを定めていますが、「流動性低下」や「経済指標発表」「要人発言」などでスプレッドが広がることがあり、その場合は損なのでエントリーを控えましょう。

スプレッドが狭いFX会社を使おう

スプレッドは売っても買っても必要です。

昔は、このスプレッドの他に取引手数料も徴収されていたので、その当時と比べれば今はとても良心的ですが、それでも勝ち負けを分ける重要なポイントとなっています。

例えば、DMM FXと外為オンラインを比較した場合、どちらも1万通貨単位なので、ドル円を1ポジション売った瞬間、DMM FXが30円のマイナスとなり手数料として徴収されるのに対し、外為オンラインは100円徴収されるのです。

この70円の差はかなり大きくて、取引単位や取引回数が多くなるとさらに凄い差が生まれます。

スキャルピングで1日に何十回もトレードする人の場合、1日でも数万円の違いが出るので、FXで勝つためにはできるだけスプレッドが狭いFX会社を利用する必要があるのです。

FX会社を変えただけで、今まで負けていたのに勝てるようになったという方もいるので、スプレッドは重要ですよ。

スプレッドでFX会社を比較を参考にして、自分に合ったFX会社を見つけてください。



Related article

FX(外国為替証拠金取引)をする上で欠かせないのが、為替チャートです。 基本的に口座開設しているFX会社にはチャートがあるのですが、サービ...


日本の銀行・信用金庫などにお金を預けておいても、超低金利のためほとんど利子は付きません。 しかし、海外通貨の中にはビックリするほどスワップ...


FX(外国為替証拠金取引)は、為替の値動きでトレードし、差益・差損が生じる投資です。 そのため、実際の値動きは小さく、その動きの中で十分な...


スワップポイントは通貨ペアの金利差なので、金利差があればポジションを持ち続ける限り、365日毎日、プラス・マイナスいずれかのスワップポイント...


少し前の日本のFX会社の中には、レバレッジ400倍のところもありました。 単純計算ですが、100万円の取引証拠金で4億円のトレードができた...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

米ドル円暴落

米ドル円が全く動かなくなりました。これでは米ドル円で稼ぐことはできません。米ド...

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

FXを有り金でトレードしてはいけない

FXを有り金でトレードすると、メンタル面で追い込まれてほぼ確実に損します。余裕...

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ