『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » FXの基礎知識 » FXのスワップ運用と暴落の危険性

FXのスワップ運用と暴落の危険性


FXのスワップ金利で生活できるのか?」で説明しているように、日本の金融機関に貯金・預金しておくより、スワップポイントの高い通貨を持っていた方が多くの金利を受け取れるのでお得です。

そんな話を聞くと、「それなら自分もお小遣い程度の利益でいいからFX運用をしたい!」と思う方は多いのではないでしょうか?

しかし、FXは投資なので、大きな損失になる可能性があることをしっかり理解しておく必要があります。

安易にFXのスワップ運用に手を出さず、まずは下記のリスクがあることを知ってください。

FXのスワップ運用はなぜ暴落の危険性があるのか?

買ったのにスワップがマイナスになる」こともありますが、基本的には買うとスワップ金利がもらえます。

特に、円は超低金利なため、どの通貨ペアに対してもスワップ金利がプラスとなります。

スワップ運用は長期間にわたってポジションをキープし続けますが、これは海外通貨を買って市場に放置している状態なので、サブプライムローンやリーマンショックのような世界経済にネガティブな出来事が起こると、とんでもなく下落し、資産を溶かしてしまうのです。

円絡みの通貨ペアですと、経済不況時には避難先として円が買われ円高になりやすい傾向もあります。

2015年1月17日のユーロ/スイスフラン日足チャート
2015年1月16日のユーロ/スイスフラン日足

ちょうどよいサンプルとして、「ポジションを長期間キープすることは危険」で説明しているユーロ/スイスフランの暴落時の日足チャートを見てください。

超低レバレッジでトレードしていても、こんな大きな下落に巻き込まれたら、口座の資産だけでは足りずにお金を請求されかねません。

日本人に身近なドル円についても、誤発注で夜中に大きく下げたことがあります。

スワップ運用はとても魅力的ですが、1回の暴落で大損する危険性があることだけは肝に銘じておきましょう。

そして、そのことを理解したうえでスワップ運用する場合は、レバレッジ1倍以下が安全です。



Related article

スワップポイントは通貨ペアの金利差なので、金利差があればポジションを持ち続ける限り、365日毎日、プラス・マイナスいずれかのスワップポイント...


「FXで一定額以上の利益を出した人」または「損失が出て翌年以降に繰り越したい人」は、確定申告する必要があります。 この時、利益・損失を見る...


スワップポイントは、通貨ペアの金利差なので、どこのFX会社でも同じと思うでしょう。 しかし、実際には、FX会社ごとにスワップ金利に差があり...


日本の銀行・信用金庫などにお金を預けておいても、超低金利のためほとんど利子は付きません。 しかし、海外通貨の中にはビックリするほどスワップ...


スワップポイントは、金融機関にお金を預けておくよりも高い金利が付くので魅力的ではありますが、それでもポジションを建てるタイミングが大切です。...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

安倍首相退陣報道時のドル円1時間足

安倍首相が2週間連続で病院に行き、顔色も悪く、元気もないことで、世間では退陣予...

米ドル円暴落

米ドル円が全く動かなくなりました。これでは米ドル円で稼ぐことはできません。米ド...

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ