『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » FXの基礎知識 » FXの税金

FXの税金


FXで儲けたら、税金のことを考えなければなりません。

申告・納税しないと、脱税したとして逮捕されたり追徴課税されたりするので、確定申告をしっかりやりましょう。

望んで納税したい人なんていませんが、国民の三大義務にも加えられている重要な義務です。

FXで儲けているなら、その金額に自信を持って納税したいですね。

FXの税率

「収入」は入ってきたすべての金額を意味し、「所得」は収入から必要経費や基礎控除、社会保険料控除などを引いた金額を意味します。

所得 = 収入 – (必要経費 + 基礎控除 + 社会保険料控除)

税金はこの所得に対して課せられるのですが、現在は一律20%(所得税15% + 住民税5%)の税金となっています。

ただし、2013年1月1日から25年間は、所得税に対して2.1%の「復興特別所得税」が課せられるので、一律20.315%(所得税15% + 復興特別所得税0.315% + 住民税5%)がFXの税金となります。

必要経費とは、
「FX書籍の購入費用」「セミナーの参加費」「電気代」「パソコン購入費」など、FXに使ったお金のことで、この費用を増やすことで節税につながります。領収書をノートに貼って保管しておいてください。
基礎控除とは、
自営業者や自由業者、主婦などが受けられる収入から差し引かれる38万円のことです。
社会保険料控除とは、
国民健康保険料や国民年金保険料などのことです。国民年金基金に加入すれば、さらに節税につながり、しかも将来の年金額が増えるというメリットもあります。

上記により計算した額が、「FXで儲かって確定申告が必要な人」で説明している額を超えた場合、確定申告が必要となります。



Related article

FX(外国為替証拠金取引)をする上で欠かせないのが、為替チャートです。 基本的に口座開設しているFX会社にはチャートがあるのですが、サービ...


FX(外国為替証拠金取引)は、為替の値動きでトレードし、差益・差損が生じる投資です。 そのため、実際の値動きは小さく、その動きの中で十分な...


FXをやったことがない方でも、円高・円安という言葉を聞いたことがあると思います。 ニュースでもよく耳にするごく一般的な為替用語ですが、経済...


スワップポイントは、通貨ペアの金利差なので、どこのFX会社でも同じと思うでしょう。 しかし、実際には、FX会社ごとにスワップ金利に差があり...


日本の銀行・信用金庫などにお金を預けておいても、超低金利のためほとんど利子は付きません。 しかし、海外通貨の中にはビックリするほどスワップ...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

FXを有り金でトレードしてはいけない

FXを有り金でトレードすると、メンタル面で追い込まれてほぼ確実に損します。余裕...

アメリカの経済指標

米雇用統計は、世界で最も注目されている経済指標で、短時間に大きな動きを期待でき...

為替カテゴリー

FX会社一覧