『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » テクニカル指標分析 » アルーン・オシレーターの見方・使い方

アルーン・オシレーターの見方・使い方


アルーン・オシレーター(Aroon Oscillator)は、0を基準に上下動し、トレンドの強弱を描画するオシレータ系テクニカル指標です。

アルーン・オシレーターの見方・使い方

上の画像は、ユーロドル5分足にアルーン・オシレーター単純移動平均線を表示しています。

上昇トレンドの時はアルーン・オシレーターも上昇し、下降トレンドの時はアルーン・オシレーターも下降するので分かりやすいです。

アルーン・オシレーターのFXトレード手法

オレンジ色のラインが0を超えて上昇しだしたら買いのシグナル点灯です。

逆に、ラインが0を割れて下降しだしたら売りのシグナル点灯です。

ラインが0を超えたり割れたりしても、その動きが継続しなければだましとなるので、早めに損切る必要があります。

そして決済は、ラインの角度が弱くなったところでトレンド系のテクニカル指標を見て判断してください。

例えば、上記の画像の場合は、単純移動平均線を併用し、「アルーン・オシレーターが0割れで、しかもローソク足が5MA割れで売り」、「アルーン・オシレーターが戻り始め、ローソク足が十字線後に5MAを超える陽線を出したところで決済」しています。

このように、アルーン・オシレーターとお好みのトレンド系テクニカル指標を組み合わせれば、だましにあう可能性も低くなり勝率が上がるでしょう。



Related article

GMMA(Guppy Multiple Moving Average:複合型移動平均線)は、「投機筋の短期線」と「投資家の長期線」それぞれ6...


MACD(マックディ:Moving Average Convergence/Divergence Trading Method)は、指数平滑...


ROC(Rate of Change)は、現在のレートと過去のレートを比率化し、その変化率を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 ...


HLバンド(ハイローバンド)とは、「一定期間の高値を結ぶ線・安値を結ぶ線・中間線」がセットになったトレンド系テクニカル指標です。 上の...


エンベロープ(Envelope)とは、移動平均線を中心に乖離線を描画するトレンド系テクニカル指標です。 上の画像は、ドル円日足にエンベ...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

New Posts

ドル円の日足チャート(2021年6月21日)

2021年6月21日(月曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、110円...

ドル円の日足チャート(2021年6月18日)

2021年6月18日(金曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、FOMC...

ドル円の日足チャート(2021年6月17日)

2021年6月17日(木曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、FOMC...

ドル円の日足チャート(2021年6月16日)

2021年6月16日(水曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、110円...

ドル円の日足チャート(2021年6月15日)

2021年6月15日(火曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、110円...

ドル円予想

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ