『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » テクニカル指標分析 » ATRの見方・使い方

ATRの見方・使い方


ATR(Average True Range)は、相場の変動率を描画するオシレータ系テクニカル指標です。

ATRの見方・使い方

上の画像は、ドル円15分足にATR単純移動平均線を表示しています。

日本ではかなりマイナーなテクニカル指標で、利用している人はほんの一握りでしょう。

ATRのFXトレード手法

ATRのライン(緑)が上昇すればするほど大きな値動きがあり、下に行くほど小動きになる特徴があります。

変動率なので、値上がりしても値下がりしても大きく動けばATRは上昇するわけです。

残念なことに、ATRはボラティリティがあるかどうかを判断するためのテクニカル指標のため、売買シグナルを発しません。

そのため、単体での利用はできず、利用する場合もおまけ的なポジションで使われることが多いです。

FX初心者の方には役に立つかもしれませんが、少し経験があれば値幅の有無は判断できるので、それほど需要はありません。

また、たくさんのテクニカル指標を表示するとローソク足や他のテクニカル指標の画面が狭くなってしまうというデメリットを考慮する必要もあります。

ただ、ATRが底辺でしばらく推移するとパワーを溜めていることになるので、この場合は動き出しを察知して大きく勝てるチャンスにつながります。



Related article

DMI(Directional Movement Index)は、「方向性指数」とも呼ばれ、トレンドの発生とその強弱を描画するオシレータ系テ...


ウイリアムズ%R(Williams %R)は、一定期間の値幅を基準として、現在の値がどこに位置しているかを表示するオシレータ系テクニカル指標...


線形回帰分析とは、統計学的観点からトレンドの発生や強さを描画するトレンド系テクニカル指標です。 上の画像は、ドル円15分足に線形回帰分...


GMMA(Guppy Multiple Moving Average:複合型移動平均線)は、「投機筋の短期線」と「投資家の長期線」それぞれ6...


加重移動平均線(Weighted Moving Average)とは、一定期間の価格を過去になるほど低く、直近になるほど高く評価して描画した...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

New Posts

ドル円の日足チャート(2021年6月21日)

2021年6月21日(月曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、110円...

ドル円の日足チャート(2021年6月18日)

2021年6月18日(金曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、FOMC...

ドル円の日足チャート(2021年6月17日)

2021年6月17日(木曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、FOMC...

ドル円の日足チャート(2021年6月16日)

2021年6月16日(水曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、110円...

ドル円の日足チャート(2021年6月15日)

2021年6月15日(火曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、110円...

ドル円予想

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ