『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » テクニカル指標分析 » ATRの見方・使い方

ATRの見方・使い方


ATR(Average True Range)は、相場の変動率を描画するオシレータ系テクニカル指標です。

ATRの見方・使い方

上の画像は、ドル円15分足にATR単純移動平均線を表示しています。

日本ではかなりマイナーなテクニカル指標で、利用している人はほんの一握りでしょう。

ATRのFXトレード手法

ATRのライン(緑)が上昇すればするほど大きな値動きがあり、下に行くほど小動きになる特徴があります。

変動率なので、値上がりしても値下がりしても大きく動けばATRは上昇するわけです。

残念なことに、ATRはボラティリティがあるかどうかを判断するためのテクニカル指標のため、売買シグナルを発しません。

そのため、単体での利用はできず、利用する場合もおまけ的なポジションで使われることが多いです。

FX初心者の方には役に立つかもしれませんが、少し経験があれば値幅の有無は判断できるので、それほど需要はありません。

また、たくさんのテクニカル指標を表示するとローソク足や他のテクニカル指標の画面が狭くなってしまうというデメリットを考慮する必要もあります。

ただ、ATRが底辺でしばらく推移するとパワーを溜めていることになるので、この場合は動き出しを察知して大きく勝てるチャンスにつながります。



Related article

一目均衡表は、雲(上限・下限)と基準線、転換線、遅行線から成り立っているテクニカル指標です。 上の画像は、ドル円日足に一目均衡表を表示...


モメンタム(Momentum)は、現在の価格と過去の価格を比較して、売買の強弱を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 上の画像は、...


ROC(Rate of Change)は、現在のレートと過去のレートを比率化し、その変化率を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 ...


線形回帰分析とは、統計学的観点からトレンドの発生や強さを描画するトレンド系テクニカル指標です。 上の画像は、ドル円15分足に線形回帰分...


RVI(Relative Volatility Index)は、RSI(Relative Strength Index)を応用しており、ボラ...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

米ドル円暴落

米ドル円が全く動かなくなりました。これでは米ドル円で稼ぐことはできません。米ド...

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

FXを有り金でトレードしてはいけない

FXを有り金でトレードすると、メンタル面で追い込まれてほぼ確実に損します。余裕...

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ