『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » テクニカル指標分析 » ボリンジャーバンドの見方・使い方

ボリンジャーバンドの見方・使い方


ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)は、移動平均線とその上下に3本ずつの標準偏差が表示されるトレンド系テクニカル指標です。

ボリンジャーバンドの見方・使い方

上の画像は、ドル円15分足にボリンジャーバンドを表示しています。

ラインは下から「-3σ・-2σ・-1σ・中心線・1σ・2σ・3σ」で、『σの読み方はシグマ』です。

ボリンジャーバンドの特徴

  • 95%の確率で-2σ~2σの間で動く
  • 値幅によってボリンジャーバンドの幅が変わる
  • 中心線(移動平均線)の方向に動く
  • ボリンジャーバンドの幅が収縮したら大きく動き出す可能性大

ボリンジャーバンドのFXトレード手法

ボリンジャーバンドを順張りに使う
ボリンジャーバンドが収縮して幅が狭まった時はパワーを溜めているので、動き出した時に順張りでエントリーします。例えば、ボリンジャーバンドの幅が狭まった後、陽線が連続で出続けたり、長い陽線が出れば買いでエントリーし、その逆ならば売りでエントリーしましょう。
ボリンジャーバンドをレンジに使う
レンジの場合は一番簡単で、安値と高値を見ながら-2σ~2σの間で売買を繰り返しましょう。ただし、いつレンジ離れするか分からないので、直近高値を超えたり、直近安値を割れてそのまま戻らない場合は、潔く損切る必要があります。
ボリンジャーバンドを逆張りに使う
95%の確率で-2σ~2σで動くということは、「-3σ以下は売られ過ぎ」「3σ以上は買われ過ぎ」なので、ある程度戻す可能性が高く、その戻りを狙って逆張りでエントリーすることが可能です。ただし、勢いが強いと「バンドウォーク」と言って、-3σ・3σに引っ付いたまま一方的に行ってしまうので注意が必要です。また、思い通りに戻りを試しても、長時間キープできるポジションではないので、中心線近くで決済しましょう。


Related article

ピボット(Pivot)は、前日の値動きから今日の値幅を予想するトレンド系テクニカル指標です。 上の画像は、ドル円15分足にピボットを表...


一目均衡表は、雲(上限・下限)と基準線、転換線、遅行線から成り立っているテクニカル指標です。 上の画像は、ドル円日足に一目均衡表を表示...


線形回帰トレンドとは、一定期間の値幅の中心とその上下に2本ずつ自動でラインが引かれるトレンド系テクニカル指標です。 上の画像は、ユーロ...


DMI(Directional Movement Index)は、「方向性指数」とも呼ばれ、トレンドの発生とその強弱を描画するオシレータ系テ...


HLバンド(ハイローバンド)とは、「一定期間の高値を結ぶ線・安値を結ぶ線・中間線」がセットになったトレンド系テクニカル指標です。 上の...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

安倍首相退陣報道時のドル円1時間足

安倍首相が2週間連続で病院に行き、顔色も悪く、元気もないことで、世間では退陣予...

米ドル円暴落

米ドル円が全く動かなくなりました。これでは米ドル円で稼ぐことはできません。米ド...

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ