『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » テクニカル指標分析 » エンベロープの見方・使い方

エンベロープの見方・使い方


エンベロープ(Envelope)とは、移動平均線を中心に乖離線を描画するトレンド系テクニカル指標です。

エンベロープの見方・使い方

上の画像は、ドル円日足にエンベロープを表示しています。

チャートによっては真ん中の移動平均線の上下それぞれに2本ずつ表示されますが、DMM FXのプラチナチャートの場合は上下1本ずつです。

設定は、利用する時間足によって変える必要がありますが、日足の場合は「移動平均期間25、値幅1.0%」くらいで良いでしょう。

同じようなテクニカル指標であるボリンジャーバンドとエンベロープの違いは、ボリンジャーバンドは値幅によってラインの幅が変動しますが、エンベロープは常に一定の幅ということです。

エンベロープのFXトレード手法

エンベロープは、移動平均線の上下に乖離線を表示するので、基本的な使い方としては逆張りとなります。

移動平均線から大きく離れることは少なく、大きく動いても移動平均線に向かって戻されるという特徴を利用してトレードするのです。

シグナル自体は簡単で、+1バンドにタッチしたら売り、-1バンドにタッチしたら買います。

このエンベロープの怖いところは、大きなトレンドが発生した場合、そのまま行って戻ってこない可能性があることで、そうなったら迷いなく損切る必要があります。

逆張りで大きく獲る手法なので、枚数を少な目で長時間・長期間、ポジションをキープするのが良いでしょう。



Related article

一目均衡表は、雲(上限・下限)と基準線、転換線、遅行線から成り立っているテクニカル指標です。 上の画像は、ドル円日足に一目均衡表を表示...


RVI(Relative Volatility Index)は、RSI(Relative Strength Index)を応用しており、ボラ...


アルーン・オシレーター(Aroon Oscillator)は、0を基準に上下動し、トレンドの強弱を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 ...


ROC(Rate of Change)は、現在のレートと過去のレートを比率化し、その変化率を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 ...


スパンモデル(Span Model)は、一目均衡表をベースに作られたトレンド系テクニカル指標です。 上の画像は、ドル円15分足にスパン...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

安倍首相退陣報道時のドル円1時間足

安倍首相が2週間連続で病院に行き、顔色も悪く、元気もないことで、世間では退陣予...

米ドル円暴落

米ドル円が全く動かなくなりました。これでは米ドル円で稼ぐことはできません。米ド...

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ