『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » テクニカル指標分析 » 一目均衡表の見方・使い方

一目均衡表の見方・使い方


一目均衡表は、雲(上限・下限)と基準線、転換線、遅行線から成り立っているテクニカル指標です。

一目均衡表の見方・使い方

上の画像は、ドル円日足に一目均衡表を表示しています。

他の時間足でも役立つテクニカルですが、多くの人が日足を見ているので、毎日、日足の一目均衡表の確認はした方が良いでしょう。

なお、一目均衡表は時間によって変化するため、一日に何度か確認することをおすすめします。

一目均衡表の特徴

一目均衡表の見方・使い方は人それぞれですが、次に挙げるポイントを見ておけば、とりあえず大丈夫です。

一目均衡表のすべてのラインが抵抗・支持になる
雲の上限・下限も含めて、ローソク足の上にラインがあればレジスタンス(抵抗)となり、逆に下にラインがあればサポート(支持)となります。超えたり、割れたりすると抜けた方に大きく動く可能性があるので注意しましょう。
一目均衡表の雲の中はレンジになる可能性がある
一旦、雲の中にローソク足が入ると、上下どちらに行くか決めるために、雲の中でレンジになることが多いです。抜けた場合は、そちらについていくのが定石となります。
一目均衡表の雲が厚いと強い
雲の厚みでレジスタンス、サポートの強さがわかります。
一目均衡表の雲がねじれるとトレンド転換の可能性がある
雲は時々ねじれて交差しますが、その場合はトレンドが変わりやすいので注意が必要です。日足の場合は、トレンド転換すると一気に抜けてくる可能性があります。
転換線が基準線を下から上に抜けたら買い
緑の転換線赤い基準線を下から上に抜けることを「ゴールデンクロス」と言い、買い優勢になります。
転換線が基準線を上から下に抜けたら売り
緑の転換線赤い基準線を上から下に抜けることを「デットクロス」と言い、売り優勢になります。
転換線・基準線の方向と角度に注目
転換線や基準線はレジスタンス、サポートとして機能するため、方向と角度には重要な意味があります。例えば、ローソク足の下にある転換線が急角度で上昇してきていれば、サポートされて底堅い可能性が高いです。


Related article

RCI(Rank Correlation Index)は、価格と時間、日に順位付けし、売買の強弱を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 ...


ATR(Average True Range)は、相場の変動率を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 上の画像は、ドル円15分足に...


CCI(Commodity Channel Index)は、「商品チャンネル指数」とも呼ばれ、買われ過ぎ・売られ過ぎを描画するオシレータ系テ...


ROC(Rate of Change)は、現在のレートと過去のレートを比率化し、その変化率を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 ...


パラボリック(Parabolic)は、トレンド転換の開始を教えてくれるトレンド系テクニカル指標です。 上の画像は、ドル円15分足にパラ...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

安倍首相退陣報道時のドル円1時間足

安倍首相が2週間連続で病院に行き、顔色も悪く、元気もないことで、世間では退陣予...

米ドル円暴落

米ドル円が全く動かなくなりました。これでは米ドル円で稼ぐことはできません。米ド...

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ