『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » テクニカル指標分析 » 線形回帰分析の見方・使い方

線形回帰分析の見方・使い方


線形回帰分析とは、統計学的観点からトレンドの発生や強さを描画するトレンド系テクニカル指標です。

線形回帰分析の見方・使い方

上の画像は、ドル円15分足に線形回帰分析を表示しています。

DMM FXのプレミアチャートですが、初期値は14日間です。

「統計学と言われても解らない!!」と言う方が多いと思いますが、FX初心者の方にもトレンドの転換が分かりやすいシグナルが出ますのでご安心ください。

線形回帰分析のFXトレード手法

上の画像の黄色いラインが線形回帰分析で、「ローソク足の終値がラインを上に抜けたら買い」「ローソク足の終値がラインを下に抜けたら売り」でエントリーします。

ラインの角度がそのトレンドの強さを示し、ラインが水平になるとレンジで、ローソク足も短くなってラインに沿って横に並びます。

売り買い両方で獲り続けていくのは難しいので、長めの足でトレンドを見極めて、そのトレンドの方向のみでエントリーした方が勝てるでしょう。

例えば、上の画像の場合は売り優勢なので、売りのみでエントリーする場所を探しています。



Related article

ROC(Rate of Change)は、現在のレートと過去のレートを比率化し、その変化率を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 ...


スーパーボリンジャー(Super Bollinger)は、ボリンジャーバンドをベースに作られており、それに遅行線(遅行スパン)が加えられてい...


HLバンド(ハイローバンド)とは、「一定期間の高値を結ぶ線・安値を結ぶ線・中間線」がセットになったトレンド系テクニカル指標です。 上の...


ストキャスティクス(Stochastic)は、売られ過ぎ、買われ過ぎを描画するオシレータ系テクニカル指標です。 上の画像は、ドル円5分...


CCI(Commodity Channel Index)は、「商品チャンネル指数」とも呼ばれ、買われ過ぎ・売られ過ぎを描画するオシレータ系テ...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

安倍首相退陣報道時のドル円1時間足

安倍首相が2週間連続で病院に行き、顔色も悪く、元気もないことで、世間では退陣予...

米ドル円暴落

米ドル円が全く動かなくなりました。これでは米ドル円で稼ぐことはできません。米ド...

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ