『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » テクニカル指標分析 » 移動平均乖離率の見方・使い方

移動平均乖離率の見方・使い方


移動平均乖離率(Moving Average Estrangement Rate)は、ローソク足が移動平均線からどの程度離れているかを描画するオシレータ系テクニカル指標です。

移動平均乖離率の見方・使い方

上の画像は、ドル円15分足に移動平均乖離率単純移動平均線を表示しています。

相場の流れは移動平均線に追従し、大きく離れた場合は修正されるという考えのもとに作られたテクニカル指標で、逆張りでのエントリーに使います。

移動平均乖離率のFXトレード手法

通貨ペアの違いや時間足の違い、その時の相場の状況の違いによって数値が異なるので、明確な基準は示せません。

そこで、注目すべきところは次の2点となります。

移動平均乖離率の白いラインが大きく上か下に動いていること」「移動平均乖離率に引いたトレンドラインを上下に抜けたこと」です。

さらに、だましを回避するためにトレンド系テクニカル指標を併用しましょう。

上の画像は、移動平均乖離率の白いラインがトレンドラインを上抜け、さらに、ローソク足が陽線で単純移動平均線(赤い5MA)にサポートされた状態のところで買いエントリーします。

決済は、ローソク足が単純移動平均線(白い25MA)にタッチしたところで、移動平均乖離率も0を超えているので明確ですね。



Related article

フィボナッチピボット(Fibonacci Pivot)は、ピボットにフィボナッチ数列を加味したトレンド系テクニカル指標です。 上の画像...


トレンドラインとは、チャート上にラインを引いて、「上昇トレンド・下降トレンド・レンジ」を見極めるツールのことです。 FX会社のチャートには...


RVI(Relative Volatility Index)は、RSI(Relative Strength Index)を応用しており、ボラ...


HLバンド(ハイローバンド)とは、「一定期間の高値を結ぶ線・安値を結ぶ線・中間線」がセットになったトレンド系テクニカル指標です。 上の...


MACD(マックディ:Moving Average Convergence/Divergence Trading Method)は、指数平滑...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

ドル円の日足チャート(2021年6月21日)

2021年6月21日(月曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、110円...

ドル円の日足チャート(2021年6月18日)

2021年6月18日(金曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、FOMC...

ドル円の日足チャート(2021年6月17日)

2021年6月17日(木曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、FOMC...

ドル円の日足チャート(2021年6月16日)

2021年6月16日(水曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、110円...

ドル円の日足チャート(2021年6月15日)

2021年6月15日(火曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、110円...

ドル円予想

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ