『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » テクニカル指標分析 » MACD(マックディ)の見方・使い方

MACD(マックディ)の見方・使い方


MACD(マックディ:Moving Average Convergence/Divergence Trading Method)は、指数平滑移動平均線(EMA)を利用しており、MACDとシグナルの2本のラインで相場の流れを描画するオシレータ系テクニカル指標です。

MACD(マックディ)の見方・使い方

上の画像は、ドル円15分足にMACD(マックディ)単純移動平均線を表示しています。

オシレータ系に分類されていますが、移動平均線なので、実際はトレンド系のテクニカル指標です。

MACDは、移動平均線よりも早く売買シグナルを教えてくれる特徴があり、FXや株をやっている方の多くが利用しています。

MACD(マックディ)のFXトレード手法

まず設定ですが、これは初期値(期間1が12、期間2が26、シグナルが9)のままで結構です。

白いMACDと赤いシグナルが、「0よりも上にある場合は買い優勢」「0よりも下にある場合は売り優勢」と判断できます。

また、MACDとシグナルの角度や幅もそのトレンドの強さを示しています。

そして、MACDの一番のシグナルはゴールデンクロス・デッドクロスです。

ゴールデンクロスとは、白いMACDが赤いシグナルを下から上に抜けることを意味し、買いのサインとなります。

逆に、デッドクロスとは、白いMACDが赤いシグナルを上から下に抜けることを意味し、売りのサインとなります。

上の画像は、MACDと単純移動平均線を併用していますが、MACDは早めにシグナルが出るのでエントリーの準備をしておき、さらに単純移動平均線でシグナルが出たところで買っています。

決済は、上にある黄色い単純移動平均線(75MA)にタッチしたところです。

だまし回避のために、MACDも他のトレンド系テクニカル指標と併せてご利用ください。



Related article

スパンモデル(Span Model)は、一目均衡表をベースに作られたトレンド系テクニカル指標です。 上の画像は、ドル円15分足にスパン...


HLバンド(ハイローバンド)とは、「一定期間の高値を結ぶ線・安値を結ぶ線・中間線」がセットになったトレンド系テクニカル指標です。 上の...


RCI(Rank Correlation Index)は、価格と時間、日に順位付けし、売買の強弱を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 ...


ストキャスティクス(Stochastic)は、売られ過ぎ、買われ過ぎを描画するオシレータ系テクニカル指標です。 上の画像は、ドル円5分...


DMI(Directional Movement Index)は、「方向性指数」とも呼ばれ、トレンドの発生とその強弱を描画するオシレータ系テ...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

安倍首相退陣報道時のドル円1時間足

安倍首相が2週間連続で病院に行き、顔色も悪く、元気もないことで、世間では退陣予...

米ドル円暴落

米ドル円が全く動かなくなりました。これでは米ドル円で稼ぐことはできません。米ド...

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ