『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » テクニカル指標分析 » モメンタムの見方・使い方

モメンタムの見方・使い方


モメンタム(Momentum)は、現在の価格と過去の価格を比較して、売買の強弱を描画するオシレータ系テクニカル指標です。

モメンタムの見方・使い方

上の画像は、ドル円15分足にモメンタム単純移動平均線を表示しています。

下の青いラインがモメンタムで、0を基準にそれよりも上の場合は買い優勢、下の場合は売り優勢の状態です。

モメンタム(Momentum)のFXトレード手法

モメンタムは、他のテクニカル指標と併せて利用すると、だましにあう可能性が下がるのでおすすめです。

上の画像の場合、移動平均線と併用することにより、「ローソク足が25MAを超え、さらにモメンタムが0を超えたので買いでエントリー」「2本連続陰線で、さらにモメンタムが0を割れそうになっているので決済」というように、2つのテクニカル指標の条件によってエントリーと決済の精度を高められます。

なお、モメンタムの見方・使い方については次の通りとなっております。

買いでエントリーする場合のモメンタムの条件
・下にある青いラインが0を超えて上昇したとき
・青いラインが0以上にあり、さらに上昇したとき
売りでエントリーする場合のモメンタムの条件
・上にある青いラインが0を割れて下落したとき
・青いラインが0以下にあり、さらに下落したとき
モメンタムを使った決済のタイミング
モメンタムは角度や上下動の大きさでそのトレンドの強弱が分かるので、「青いラインが横を向いたり反転した場合」「直近の山や谷を更新できなかった場合」は、決済のタイミングを計りましょう。
ダイバージェンスに注意
「ローソク足が上昇しているのにモメンタムが下落している場合」や逆に「ローソク足が下落しているのにモメンタムが上昇している場合」のことをダイバージェンスと言います。この状態になると、トレンドが反転する可能性があるので気を付けましょう。逆張りを仕掛けるポイントでもあります。


Related article

加重移動平均線(Weighted Moving Average)とは、一定期間の価格を過去になるほど低く、直近になるほど高く評価して描画した...


指数平滑移動平均線(Exponential Moving Average)は、「EMA」とも呼ばれ、直近の1本の足を重視して移動平均線を描画...


ATR(Average True Range)は、相場の変動率を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 上の画像は、ドル円15分足に...


ROC(Rate of Change)は、現在のレートと過去のレートを比率化し、その変化率を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 ...


RVI(Relative Volatility Index)は、RSI(Relative Strength Index)を応用しており、ボラ...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

安倍首相退陣報道時のドル円1時間足

安倍首相が2週間連続で病院に行き、顔色も悪く、元気もないことで、世間では退陣予...

米ドル円暴落

米ドル円が全く動かなくなりました。これでは米ドル円で稼ぐことはできません。米ド...

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ