『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » テクニカル指標分析 » 単純移動平均線(SMA)の見方・使い方

単純移動平均線(SMA)の見方・使い方


単純移動平均線は、英語で「Simple Moving Average」と言い、FXや株のトレンド系テクニカル指標としてポピュラーなツールです。

移動平均線の見方・使い方

上の画像は、ユーロドル15分足に単純移動平均線(SMA)を表示しています。

赤が5MA、白が25MA、黄色が75MAですが、日足の場合は「5日線」、週足の場合は「5週線」というように、期間を付けて呼ばれることもあります。

上記は初期設定の場合ですが、長い時間足ですと200日線も有効です。

さらに、人によっては21MA等を表示している場合がりますが、基本的には初期設定のままで構いません。

単純移動平均線(SMA)のFXトレード手法

移動平均線がローソク足の上にあればレジスタンス(抵抗)となりますし、移動平均線がローソク足の下にあればサポート(支持)となります。

これを踏まえたうえで上記の画像を見ていただくとお解りいただけると思いますが、緑の矢印のところで75MAが上昇をブロックして上髭を出しているので、ローソク足が赤い5MAを割れたところで売りでエントリーします。

「なぜ5MAを割れたことを確認しなければならないか?」ですが、ローソク足の下に5MAがあるとサポートになるので、「75MAにブロックされて、なおかつ5MAを割れた」ことが売りでエントリーする条件となるからです。

そして決済ですが、最初の売りは、陽線2本を連続で出した後に陽線が5MAを抜けてきた最初のピンクの矢印のところで欲張らずに利確します。

この後、さらに下がりますが、ここまで獲ろうとするとトータルでは損する可能性が高いので、欲張らずに目先の利益を優先してください。

2番目の売りは、白の25MAを下抜けた陰線の次の足が陽線ですぐに25MAの上に戻しているので、次のピンクの矢印のところですぐに決済します。

安値を切り下げて行かない場合は下げ止まる可能性があるため、デイトレではサポートされたところで利確するのが賢明です。



Related article

CCI(Commodity Channel Index)は、「商品チャンネル指数」とも呼ばれ、買われ過ぎ・売られ過ぎを描画するオシレータ系テ...


加重移動平均線(Weighted Moving Average)とは、一定期間の価格を過去になるほど低く、直近になるほど高く評価して描画した...


ATR(Average True Range)は、相場の変動率を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 上の画像は、ドル円15分足に...


エンベロープ(Envelope)とは、移動平均線を中心に乖離線を描画するトレンド系テクニカル指標です。 上の画像は、ドル円日足にエンベ...


モメンタム(Momentum)は、現在の価格と過去の価格を比較して、売買の強弱を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 上の画像は、...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

安倍首相退陣報道時のドル円1時間足

安倍首相が2週間連続で病院に行き、顔色も悪く、元気もないことで、世間では退陣予...

米ドル円暴落

米ドル円が全く動かなくなりました。これでは米ドル円で稼ぐことはできません。米ド...

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ