『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » テクニカル指標分析 » RSIの見方・使い方

RSIの見方・使い方


RSI(Relative Strength Index)は、相場の買われ過ぎ・売られ過ぎを表示するオシレータ系テクニカル指標です。

RSIの見方・使い方

上の画像は、ドル円1時間足にRSI線形回帰トレンドを表示しています。

RSIは主に逆張りに使うテクニカル指標で、とても人気があります。

黄色いラインが70%以上になったら買われ過ぎなので売り場を探し、黄色いラインが30%以下になったら売られ過ぎなので買い場を探します。

RSI(Relative Strength Index)のFXトレード手法

「黄色いラインが70%以上で売り」「黄色いラインが30%以下で買い」というように、使い方としては非常に簡単ですが、強いトレンドが発生した場合はそのまま上下に張り付いて機能しません。

RSIは逆張りで使用するため、上記のルールに従ってエントリーすると遅かれ早かれ必ず大損しますのでご注意ください。

RSIを利用するときは、「トレンド系テクニカル指標と併せて使う」「レンジ相場で威力を発揮する」の2つを考慮しましょう。

上の画像は「RSIが30%以下」「ローソク足が線形回帰トレンドの-2σを割れた後に陽線に変わった」の2つをエントリー条件にすることにより、だましを回避しています。

使いやすいトレンド系テクニカル指標で良いので、このようにRSIと併せてご利用ください。



Related article

MACD(マックディ:Moving Average Convergence/Divergence Trading Method)は、指数平滑...


ROC(Rate of Change)は、現在のレートと過去のレートを比率化し、その変化率を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 ...


アルーン・オシレーター(Aroon Oscillator)は、0を基準に上下動し、トレンドの強弱を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 ...


指数平滑移動平均線(Exponential Moving Average)は、「EMA」とも呼ばれ、直近の1本の足を重視して移動平均線を描画...


スーパーボリンジャー(Super Bollinger)は、ボリンジャーバンドをベースに作られており、それに遅行線(遅行スパン)が加えられてい...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

ドル円の日足チャート(2021年6月21日)

2021年6月21日(月曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、110円...

ドル円の日足チャート(2021年6月18日)

2021年6月18日(金曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、FOMC...

ドル円の日足チャート(2021年6月17日)

2021年6月17日(木曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、FOMC...

ドル円の日足チャート(2021年6月16日)

2021年6月16日(水曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、110円...

ドル円の日足チャート(2021年6月15日)

2021年6月15日(火曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、110円...

ドル円予想

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ