『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » テクニカル指標分析 » RSIの見方・使い方

RSIの見方・使い方


RSI(Relative Strength Index)は、相場の買われ過ぎ・売られ過ぎを表示するオシレータ系テクニカル指標です。

RSIの見方・使い方

上の画像は、ドル円1時間足にRSI線形回帰トレンドを表示しています。

RSIは主に逆張りに使うテクニカル指標で、とても人気があります。

黄色いラインが70%以上になったら買われ過ぎなので売り場を探し、黄色いラインが30%以下になったら売られ過ぎなので買い場を探します。

RSI(Relative Strength Index)のFXトレード手法

「黄色いラインが70%以上で売り」「黄色いラインが30%以下で買い」というように、使い方としては非常に簡単ですが、強いトレンドが発生した場合はそのまま上下に張り付いて機能しません。

RSIは逆張りで使用するため、上記のルールに従ってエントリーすると遅かれ早かれ必ず大損しますのでご注意ください。

RSIを利用するときは、「トレンド系テクニカル指標と併せて使う」「レンジ相場で威力を発揮する」の2つを考慮しましょう。

上の画像は「RSIが30%以下」「ローソク足が線形回帰トレンドの-2σを割れた後に陽線に変わった」の2つをエントリー条件にすることにより、だましを回避しています。

使いやすいトレンド系テクニカル指標で良いので、このようにRSIと併せてご利用ください。



Related article

モメンタム(Momentum)は、現在の価格と過去の価格を比較して、売買の強弱を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 上の画像は、...


トレンドラインとは、チャート上にラインを引いて、「上昇トレンド・下降トレンド・レンジ」を見極めるツールのことです。 FX会社のチャートには...


ストキャスティクス(Stochastic)は、売られ過ぎ、買われ過ぎを描画するオシレータ系テクニカル指標です。 上の画像は、ドル円5分...


アルーン・インディケーター(Aroon Indicator)は、トレンドの開始、有無、強弱を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 ...


線形回帰分析とは、統計学的観点からトレンドの発生や強さを描画するトレンド系テクニカル指標です。 上の画像は、ドル円15分足に線形回帰分...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

米ドル円暴落

米ドル円が全く動かなくなりました。これでは米ドル円で稼ぐことはできません。米ド...

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

FXを有り金でトレードしてはいけない

FXを有り金でトレードすると、メンタル面で追い込まれてほぼ確実に損します。余裕...

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ