『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » テクニカル指標分析 » RVI(Relative Volatility Index)の見方・使い方

RVI(Relative Volatility Index)の見方・使い方


RVI(Relative Volatility Index)は、RSI(Relative Strength Index)を応用しており、ボラティリティの大きさを描画するオシレータ系テクニカル指標です。

RVI(Relative Volatility Index)の見方・使い方

上の画像は、ユーロドル15分足にRVI単純移動平均線を表示しています。

RVIは、比較的利用しやすく早めにシグナルを点灯しますが、その分だましも多いので、RVIのシグナル発生後にトレンド系テクニカル指標でシグナルを確認してからエントリーすると良いでしょう。

RVIのFXトレード手法

  • RVI(白)シグナル(赤)を下から上に抜けたら買い
  • RVI(白)シグナル(赤)を上から下に抜けたら売り

非常に簡単なので、FX初心者の方にも使いこなすことができるでしょう。

だまし回避のために、実際のトレードではトレンド系テクニカル指標と組み合わせて利用しますが、RVIの方が早めに売買シグナルを点灯することが多いです。

上の画像は単純移動平均線と併用したもので、RVIがゴールデンクロス・デッドクロスした後に、単純移動平均線の位置関係と5MAの上抜け・下抜けをエントリー条件としています。

決済は、「十字線の連続」や「長い下髭後の陽線」です。

RVIと組み合わせて使うトレンド系テクニカル指標はお好みのもので良いので、必ず併用してください。



Related article

アルーン・インディケーター(Aroon Indicator)は、トレンドの開始、有無、強弱を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 ...


線形回帰分析とは、統計学的観点からトレンドの発生や強さを描画するトレンド系テクニカル指標です。 上の画像は、ドル円15分足に線形回帰分...


スーパーボリンジャー(Super Bollinger)は、ボリンジャーバンドをベースに作られており、それに遅行線(遅行スパン)が加えられてい...


モメンタム(Momentum)は、現在の価格と過去の価格を比較して、売買の強弱を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 上の画像は、...


スパンモデル(Span Model)は、一目均衡表をベースに作られたトレンド系テクニカル指標です。 上の画像は、ドル円15分足にスパン...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

ドル円の日足チャート(2021年6月21日)

2021年6月21日(月曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、110円...

ドル円の日足チャート(2021年6月18日)

2021年6月18日(金曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、FOMC...

ドル円の日足チャート(2021年6月17日)

2021年6月17日(木曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、FOMC...

ドル円の日足チャート(2021年6月16日)

2021年6月16日(水曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、110円...

ドル円の日足チャート(2021年6月15日)

2021年6月15日(火曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、110円...

ドル円予想

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ