『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » テクニカル指標分析 » RVI(Relative Volatility Index)の見方・使い方

RVI(Relative Volatility Index)の見方・使い方


RVI(Relative Volatility Index)は、RSI(Relative Strength Index)を応用しており、ボラティリティの大きさを描画するオシレータ系テクニカル指標です。

RVI(Relative Volatility Index)の見方・使い方

上の画像は、ユーロドル15分足にRVI単純移動平均線を表示しています。

RVIは、比較的利用しやすく早めにシグナルを点灯しますが、その分だましも多いので、RVIのシグナル発生後にトレンド系テクニカル指標でシグナルを確認してからエントリーすると良いでしょう。

RVIのFXトレード手法

  • RVI(白)シグナル(赤)を下から上に抜けたら買い
  • RVI(白)シグナル(赤)を上から下に抜けたら売り

非常に簡単なので、FX初心者の方にも使いこなすことができるでしょう。

だまし回避のために、実際のトレードではトレンド系テクニカル指標と組み合わせて利用しますが、RVIの方が早めに売買シグナルを点灯することが多いです。

上の画像は単純移動平均線と併用したもので、RVIがゴールデンクロス・デッドクロスした後に、単純移動平均線の位置関係と5MAの上抜け・下抜けをエントリー条件としています。

決済は、「十字線の連続」や「長い下髭後の陽線」です。

RVIと組み合わせて使うトレンド系テクニカル指標はお好みのもので良いので、必ず併用してください。



Related article

GMMA(Guppy Multiple Moving Average:複合型移動平均線)は、「投機筋の短期線」と「投資家の長期線」それぞれ6...


ATR(Average True Range)は、相場の変動率を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 上の画像は、ドル円15分足に...


指数平滑移動平均線(Exponential Moving Average)は、「EMA」とも呼ばれ、直近の1本の足を重視して移動平均線を描画...


トレンドラインとは、チャート上にラインを引いて、「上昇トレンド・下降トレンド・レンジ」を見極めるツールのことです。 FX会社のチャートには...


一目均衡表は、雲(上限・下限)と基準線、転換線、遅行線から成り立っているテクニカル指標です。 上の画像は、ドル円日足に一目均衡表を表示...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

安倍首相退陣報道時のドル円1時間足

安倍首相が2週間連続で病院に行き、顔色も悪く、元気もないことで、世間では退陣予...

米ドル円暴落

米ドル円が全く動かなくなりました。これでは米ドル円で稼ぐことはできません。米ド...

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ