『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » テクニカル指標分析 » スパンモデルの見方・使い方

スパンモデルの見方・使い方


スパンモデル(Span Model)は、一目均衡表をベースに作られたトレンド系テクニカル指標です。

スパンモデルの見方・使い方

上の画像は、ドル円15分足にスパンモデルを表示しています。

一目均衡表の雲と遅行スパンのみを表示している状態のテクニカル指標ですが、実際に比べてみると雲の形は違います。

なお、このスパンモデルは、スーパーボリンジャーと組み合わせて利用することをすすめられています。

スパンモデルのFXトレード手法

スパンモデルの使い方は、一目均衡表に似ています。

見方は、次のとおりです。

  • 雲が赤い場合はレジスタンス(抵抗線)となり、下への圧力が強くなります
  • 雲が青い場合はサポート(支持線)となり、下値を支えます
  • 雲がねじれるとトレンド転換する可能性があります
  • 雲を抜けるとその方向についていくのが定石です
  • 雲の中に入るとレンジになる可能性があります

なお、ピンクのラインのことを遅行線(遅行スパン)と言いますが、この遅行線がローソク足を上に抜けると陽転し買い優勢になり、遅行線がローソク足を下に抜けると陰転して売り優勢になります。

遅行線はだまし回避につながりますので、雲と併せてエントリーの条件とした方が良いでしょう。



Related article

線形回帰トレンドとは、一定期間の値幅の中心とその上下に2本ずつ自動でラインが引かれるトレンド系テクニカル指標です。 上の画像は、ユーロ...


HLバンド(ハイローバンド)とは、「一定期間の高値を結ぶ線・安値を結ぶ線・中間線」がセットになったトレンド系テクニカル指標です。 上の...


スーパーボリンジャー(Super Bollinger)は、ボリンジャーバンドをベースに作られており、それに遅行線(遅行スパン)が加えられてい...


DMI(Directional Movement Index)は、「方向性指数」とも呼ばれ、トレンドの発生とその強弱を描画するオシレータ系テ...


ウイリアムズ%R(Williams %R)は、一定期間の値幅を基準として、現在の値がどこに位置しているかを表示するオシレータ系テクニカル指標...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

安倍首相退陣報道時のドル円1時間足

安倍首相が2週間連続で病院に行き、顔色も悪く、元気もないことで、世間では退陣予...

米ドル円暴落

米ドル円が全く動かなくなりました。これでは米ドル円で稼ぐことはできません。米ド...

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ