『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » テクニカル指標分析 » ストキャスティクスの見方・使い方

ストキャスティクスの見方・使い方


ストキャスティクス(Stochastic)は、売られ過ぎ、買われ過ぎを描画するオシレータ系テクニカル指標です。

ストキャスティクスの見方・使い方

上の画像は、ドル円5分足にストキャスティクス単純移動平均線を表示しています。

ストキャスティクスが効果を発揮するのはレンジ相場です。

強いトレンドが発生していて一方的に動く場合は、だましが頻発するのでおすすめできません。

確実に一定の間隔を上下してボックスを形成している場合のみ利用しましょう。

ストキャスティクスのFXトレード手法

ストキャスティクスは、買われ過ぎの場合に売りでエントリーし、売られ過ぎの場合に買いでエントリーします。

「%K(青)と%D(赤)」の2本を表示する場合がストキャスティクス、

「Slow%D(黄)と%D(赤)」の2本を表示する場合はスローストキャスティクス
と言います。

人によっては3本表示しますが、正直、見にくいので2本で良いでしょう。

好みでの選択となりますが、%Kは反応速度が速いのでだましが多くなりFX初心者には不向きなため、より確実な「Slow%Dと%D」の利用がおすすめです。

シグナルの判定は簡単で、まずは、「%D(赤)が80以上なら買われ過ぎ」、「%D(赤)が20以下なら売られ過ぎ」と見てください。

そして、実際のエントリーは、「80以上で%D(赤)がSlow%D(黄)を下抜けてデッドクロスを完成させたら売り」、「20以下で%D(赤)がSlow%D(黄)を上抜けてゴールデンクロスを完成させたら買い」となります。

20~80までの間でもデッドクロス・ゴールデンクロスが発生しますが、より確実に勝つために80以上、20以下の条件を付けています。

また、トレンド系のテクニカル指標を併せて利用することにより、だましを回避できる可能性が高くなので、ぜひ併用してください。



Related article

スーパーボリンジャー(Super Bollinger)は、ボリンジャーバンドをベースに作られており、それに遅行線(遅行スパン)が加えられてい...


単純移動平均線は、英語で「Simple Moving Average」と言い、FXや株のトレンド系テクニカル指標としてポピュラーなツールです...


ピボット(Pivot)は、前日の値動きから今日の値幅を予想するトレンド系テクニカル指標です。 上の画像は、ドル円15分足にピボットを表...


RCI(Rank Correlation Index)は、価格と時間、日に順位付けし、売買の強弱を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 ...


エンベロープ(Envelope)とは、移動平均線を中心に乖離線を描画するトレンド系テクニカル指標です。 上の画像は、ドル円日足にエンベ...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

FXを有り金でトレードしてはいけない

FXを有り金でトレードすると、メンタル面で追い込まれてほぼ確実に損します。余裕...

アメリカの経済指標

米雇用統計は、世界で最も注目されている経済指標で、短時間に大きな動きを期待でき...

為替カテゴリー

FX会社一覧