『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » テクニカル指標分析 » ストキャスティクスの見方・使い方

ストキャスティクスの見方・使い方


ストキャスティクス(Stochastic)は、売られ過ぎ、買われ過ぎを描画するオシレータ系テクニカル指標です。

ストキャスティクスの見方・使い方

上の画像は、ドル円5分足にストキャスティクス単純移動平均線を表示しています。

ストキャスティクスが効果を発揮するのはレンジ相場です。

強いトレンドが発生していて一方的に動く場合は、だましが頻発するのでおすすめできません。

確実に一定の間隔を上下してボックスを形成している場合のみ利用しましょう。

ストキャスティクスのFXトレード手法

ストキャスティクスは、買われ過ぎの場合に売りでエントリーし、売られ過ぎの場合に買いでエントリーします。

「%K(青)と%D(赤)」の2本を表示する場合がストキャスティクス、

「Slow%D(黄)と%D(赤)」の2本を表示する場合はスローストキャスティクス
と言います。

人によっては3本表示しますが、正直、見にくいので2本で良いでしょう。

好みでの選択となりますが、%Kは反応速度が速いのでだましが多くなりFX初心者には不向きなため、より確実な「Slow%Dと%D」の利用がおすすめです。

シグナルの判定は簡単で、まずは、「%D(赤)が80以上なら買われ過ぎ」、「%D(赤)が20以下なら売られ過ぎ」と見てください。

そして、実際のエントリーは、「80以上で%D(赤)がSlow%D(黄)を下抜けてデッドクロスを完成させたら売り」、「20以下で%D(赤)がSlow%D(黄)を上抜けてゴールデンクロスを完成させたら買い」となります。

20~80までの間でもデッドクロス・ゴールデンクロスが発生しますが、より確実に勝つために80以上、20以下の条件を付けています。

また、トレンド系のテクニカル指標を併せて利用することにより、だましを回避できる可能性が高くなので、ぜひ併用してください。



Related article

加重移動平均線(Weighted Moving Average)とは、一定期間の価格を過去になるほど低く、直近になるほど高く評価して描画した...


移動平均乖離率(Moving Average Estrangement Rate)は、ローソク足が移動平均線からどの程度離れているかを描画す...


単純移動平均線は、英語で「Simple Moving Average」と言い、FXや株のトレンド系テクニカル指標としてポピュラーなツールです...


RVI(Relative Volatility Index)は、RSI(Relative Strength Index)を応用しており、ボラ...


ROC(Rate of Change)は、現在のレートと過去のレートを比率化し、その変化率を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 ...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

New Posts

ドル円の日足チャート(2021年6月21日)

2021年6月21日(月曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、110円...

ドル円の日足チャート(2021年6月18日)

2021年6月18日(金曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、FOMC...

ドル円の日足チャート(2021年6月17日)

2021年6月17日(木曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、FOMC...

ドル円の日足チャート(2021年6月16日)

2021年6月16日(水曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、110円...

ドル円の日足チャート(2021年6月15日)

2021年6月15日(火曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、110円...

ドル円予想

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ