『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » テクニカル指標分析 » スーパーボリンジャーの見方・使い方

スーパーボリンジャーの見方・使い方


スーパーボリンジャー(Super Bollinger)は、ボリンジャーバンドをベースに作られており、それに遅行線(遅行スパン)が加えられているトレンド系テクニカル指標です。

スーパーボリンジャーの見方・使い方

上の画像は、ドル円15分足にスーパーボリンジャーを表示しています。

スーパーボリンジャーとボリンジャーバンドの違いは、遅行線があるかないかの違いです。

スーパーボリンジャーのFXトレード手法

スーパーボリンジャーの使い方は、ボリンジャーバンドと同じです。

順張りにスーパーボリンジャーを使う
ボリンジャーバンドの幅が狭まった状態がしばらく続きパワーを溜めた時に、抜けた方向についていきます。ただし、動き出しで逆に振ってから本来の方向に動くことがあるので注意が必要です。
レンジにスーパーボリンジャーを使う
ボリンジャーバンドが水平で、ある程度の幅があれば、直近高値・安値と-2σ~2σを目安にエントリーします。この条件を満たすのであればレンジなので、売り買いどちらでもエントリーできます。
逆張りにスーパーボリンジャーを使う
-3σ割れなら売られ過ぎなので買いでエントリーし、3σ超えなら買われ過ぎなので売りでエントリーします。ただし、勢いがあるときはそのまま一方的に動いてなかなか戻さないこともあるので注意が必要です。
遅行線(遅行スパン)の活用方法
このスーパーボリンジャーには遅行線があり、遅行線がローソク足を上に抜けると陽転で買い優勢となり、遅行線がローソク足を下に抜けると陰転で売り優勢となります。この遅行線を利用することにより、だまし回避につながるので、スーパーボリンジャーを使う際は、ぜひ活用しましょう。

このように、スーパーボリンジャーは様々なトレード手法に応用できます。



Related article

ストキャスティクス(Stochastic)は、売られ過ぎ、買われ過ぎを描画するオシレータ系テクニカル指標です。 上の画像は、ドル円5分...


移動平均乖離率(Moving Average Estrangement Rate)は、ローソク足が移動平均線からどの程度離れているかを描画す...


DMI(Directional Movement Index)は、「方向性指数」とも呼ばれ、トレンドの発生とその強弱を描画するオシレータ系テ...


CCI(Commodity Channel Index)は、「商品チャンネル指数」とも呼ばれ、買われ過ぎ・売られ過ぎを描画するオシレータ系テ...


ROC(Rate of Change)は、現在のレートと過去のレートを比率化し、その変化率を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 ...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

米ドル円暴落

米ドル円が全く動かなくなりました。これでは米ドル円で稼ぐことはできません。米ド...

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

FXを有り金でトレードしてはいけない

FXを有り金でトレードすると、メンタル面で追い込まれてほぼ確実に損します。余裕...

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ