『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » テクニカル指標分析 » トレンドラインの引き方!並行・三角持ち合いの場合

トレンドラインの引き方!並行・三角持ち合いの場合


トレンドラインとは、チャート上にラインを引いて、「上昇トレンド・下降トレンド・レンジ」を見極めるツールのことです。

FX会社のチャートには必ず付いている機能ですが、自動でトレンドラインを引いてくれるチャートは少なく、基本的に自分で引くことが必要となります。

そこで、初心者の方にも解りやすいように、トレンドラインの引き方について説明します。

ぜひ、参考にしてください。

トレンドラインを引くときのルール

  • 上髭(うえひげ)を含め高値同士を結ぶ
  • 下髭(したひげ)を含め安値同士を結ぶ
  • ローソク足でも平均足でも使用可能
  • 月足、週足、日足、1時間足、15分足など複数の時間足で引く
  • 時間の経過とともに引き直す

トレンドラインを引けるようになるのは、慣れです。

すぐに引けるようになるので、失敗を恐れずにチャレンジしてみましょう。

以下に、よくあるパターンについて説明しますので、参考にしてください。

トレンドラインが平行の場合

トレンドラインの引き方1

上の画像はドル円15分足ですが、高値同士を結ぶラインがレジスタンスライン(抵抗線)、安値同士を結ぶラインがサポートライン(支持線)となります。

上下に引いたラインが平行であればあるほどそのラインの有効性が認められ、信用できるのです。

ただし、実際、上の画像のようにキレイに平行になることは少ないです。

エントリーとしては、右肩下がりなので下降トレンドであることがわかり、売り目線でエントリーします。

そして、緑の矢印の場所で下降トレンドのレジスタンスを上に抜け、トレンド転換してレンジか上昇トレンドに変わったため、ここで損切り・利確が必要です。

上に抜けた場所から買うこともできますが、上昇トレンドに転換していれば大きく勝てる反面、レンジに転換していた場合はその後また下降トレンドに転換する可能性もあるので注意が必要です。

トレンドラインが三角持ち合いの場合

トレンドラインの引き方2

上の画像は、三角持ち合いと呼ばれるトレンドラインの形で、高値同士を結んだラインと安値同士を結んだラインが三角形を作ります。

この形になると、最終的に抜けたトレンドラインの方向に大きく動くのでチャンスです。

上の画像の場合、ピンクの矢印の場所でサポートラインを下抜けているので、ここで売りエントリーが定石ですが、今回は「だまし」でした。

緑の矢印で損切って買い直さなければ、安値売りで含み損を抱えることになったでしょう。

基本的に、抜けた方についていけばいいのですが、FXではこのように「だまし」があるので注意が必要です。



Related article

スパンモデル(Span Model)は、一目均衡表をベースに作られたトレンド系テクニカル指標です。 上の画像は、ドル円15分足にスパン...


MACD(マックディ:Moving Average Convergence/Divergence Trading Method)は、指数平滑...


エンベロープ(Envelope)とは、移動平均線を中心に乖離線を描画するトレンド系テクニカル指標です。 上の画像は、ドル円日足にエンベ...


パラボリック(Parabolic)は、トレンド転換の開始を教えてくれるトレンド系テクニカル指標です。 上の画像は、ドル円15分足にパラ...


ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)は、移動平均線とその上下に3本ずつの標準偏差が表示されるトレンド系テクニカル指標です。 ...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

安倍首相退陣報道時のドル円1時間足

安倍首相が2週間連続で病院に行き、顔色も悪く、元気もないことで、世間では退陣予...

米ドル円暴落

米ドル円が全く動かなくなりました。これでは米ドル円で稼ぐことはできません。米ド...

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ