『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » テクニカル指標分析 » ウイリアムズ%Rの見方・使い方

ウイリアムズ%Rの見方・使い方


ウイリアムズ%R(Williams %R)は、一定期間の値幅を基準として、現在の値がどこに位置しているかを表示するオシレータ系テクニカル指標です。

ウイリアムズ%Rの見方・使い方

上の画像は、ユーロドル5分足にウイリアムズ%R単純移動平均線を表示しています。

このウイリアムズ%Rは、「上に位置している0に近づくほど買われ過ぎ」「下に位置している-100に近づくほど売られ過ぎ」と判断し、逆張りエントリーに使用するテクニカル指標です。

ウイリアムズ%RのFXトレード手法

ウイリアムズ%Rは逆張りに適しており、「0~-20ならば買われ過ぎと判断して売りでエントリー」「-80~-100ならば売られ過ぎと判断して買いでエントリー」します。

しかし、このテクニカル指標自体が非常にだましの多い仕様となっており、この条件でエントリーすると近いうちの大きく負けること必至です。

そこで、エントリーの条件として「ガーベージトップ・ガーベージボトム」を付け加えると良いでしょう。

ガーベージトップとは、ラインが0~-20で上下動をしばらく続けた後に-20を下抜けた状態で、この時に買われ過ぎの修正で下げると判断して売りでエントリーします。

ガーベージボトムはその逆で、-80~-100で上下動をつづけた後に-80を上抜けた状態で、買いでエントリーします。

エントリーの機会は減りますが、だまし回避になるので、このルールを徹底させた方が良いでしょう。



Related article

トレンドラインとは、チャート上にラインを引いて、「上昇トレンド・下降トレンド・レンジ」を見極めるツールのことです。 FX会社のチャートには...


単純移動平均線は、英語で「Simple Moving Average」と言い、FXや株のトレンド系テクニカル指標としてポピュラーなツールです...


RCI(Rank Correlation Index)は、価格と時間、日に順位付けし、売買の強弱を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 ...


エンベロープ(Envelope)とは、移動平均線を中心に乖離線を描画するトレンド系テクニカル指標です。 上の画像は、ドル円日足にエンベ...


アルーン・オシレーター(Aroon Oscillator)は、0を基準に上下動し、トレンドの強弱を描画するオシレータ系テクニカル指標です。 ...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

ドル円の日足チャート(2021年6月21日)

2021年6月21日(月曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、110円...

ドル円の日足チャート(2021年6月18日)

2021年6月18日(金曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、FOMC...

ドル円の日足チャート(2021年6月17日)

2021年6月17日(木曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、FOMC...

ドル円の日足チャート(2021年6月16日)

2021年6月16日(水曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、110円...

ドル円の日足チャート(2021年6月15日)

2021年6月15日(火曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、110円...

ドル円予想

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ