『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » FX危険トレード » FXは思い込みでエントリーすると危険

FXは思い込みでエントリーすると危険


FXトレードをしている際に、「かなり上昇したからそろそろ下げるだろう」「下げ過ぎだからもう下げないだろう」などと勝手に思い込み、エントリーしたくなります。

ある程度のFX経験がある人なら、この思い込みでエントリーしたことがあるでしょう。

しかし、この思い込みを利用してファンド勢などが仕掛けてきます。

例えば、かなり強い下落時に、「移動平均線からかなり離れていて売られ過ぎなので、そろそろ戻りを試すだろう」と思って買うと、ファンド勢などがさらに売りで仕掛けて逆指値(ストップロス)を狙い、自分たちの利益にしようとするのです。

確かに、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」も十分な判断材料ですが、強い流れの中での逆張りとなるので、エントリーする場合は余裕のある枚数でトレードしましょう。

このケースでファンド勢に狙われた場合、ストップロスで損切りとなった後に反転します。

たいてい、「余裕のあるトレードしていれば助かったなぁ」という心境になること間違いありません。

実際にあった思い込みトレードでのFX大損体験

2012年、民主党政権から自民党政権へと移り、安倍晋三首相が為替介入しました。

その後も、金融緩和や口先介入をして「アベノミクス」を唱え、株高円安に誘導しました。

それまでは、介入しても元の値まで戻すことが常だったので、当然この時もそうなると思い売りでエントリーしていましたが、全く下げない状態で損切りに。

その後も上げては売って損切りを繰り返したので、それならと買った途端に下げ始め損切りとなり、やることなすこと上手くいかず酷い状態となりました。

たぶん、アベノミクスで100万円くらいは負けています。

買えば勝てる相場だったのに、「そろそろ下げるだろう」と思い込んだのが大負けにつながりました。

一度リズムを崩すと大負けにつながるのがFX。

皆さんも同じような失敗をしないように、FXで思い込みトレードはやめてください



Related article

2015年1月15日18時に、突然、ユーロ/スイスフランが暴落しました。 ユーロ/スイスフランは3,800pipsの下落、逆にスイスフラン...


2016年6月23日、日本時間15時からイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票が行われ、翌24日の日本時間朝から順次開票結果が発表された末に...


FXトレードをする場合は、要人発言に注意しなければなりません。 「この要人って誰?」と思った方もいるでしょうが、簡単に説明すると政治家のこ...


FXは株と違い、基本的に24時間トレードできるのですが、それでも土曜日と日曜日は相場が休みとなります。 もう少し正確に言うと、土曜日早朝か...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

米ドル円暴落

米ドル円が全く動かなくなりました。これでは米ドル円で稼ぐことはできません。米ド...

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

FXを有り金でトレードしてはいけない

FXを有り金でトレードすると、メンタル面で追い込まれてほぼ確実に損します。余裕...

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ