『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » FXチャートのテクニカル指標分析

FXチャートのテクニカル指標分析


FXでトレードする場合、チャートを見て売買のタイミングを計りますが、ただ値動きを見ているだけではいつ注文して良いか分かりません。

そこで役に立つのがテクニカル指標と呼ばれる分析ツールで、チャートに表示したこれを見て売買のタイミングを計るのです。

テクニカル指標には大きく分けて、トレンド系オシレータ系の2つがあります。

複数のテクニカル指標から自分のトレードスタイルに合ったものをいくつか選んで、組み合わせてご利用してください。

と言われても、FX初心者の方は、どれを利用すれば良いか分からないですよね?

一般的には、「トレンドライン、移動平均線、一目均衡表、ボリンジャーバンド、MACD」などを利用することが多いです。

FX初心者の場合、チャートに複数のテクニカル指標を表示しても、ゴチャゴチャしているだけで何が何だか分からないと思いますので、シンプルに「トレンドライン、移動平均線、一目均衡表」くらいで良いと思います。

チャートを見ることに慣れたら、自分のトレードスタイルに合うテクニカル指標を探しましょう。

以下に、FXトレードで利用するテクニカル指標をいくつか紹介するので、参考にしてください。

ちなみに、チャートによって表示できるテクニカル指標の種類が違うので、チャート選びも重要です。

FXトレンド系テクニカル指標

売り買いの方向や強さを視覚的に表示してくれるのがトレンド系テクニカル指標です。

主に、順張りに利用します。

オシレータ系テクニカル指標

売られ過ぎ、買われ過ぎを教えてくれるのがオシレータ系テクニカル指標です。

主に、逆張り決済の時に利用します。



New Posts

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

FXを有り金でトレードしてはいけない

FXを有り金でトレードすると、メンタル面で追い込まれてほぼ確実に損します。余裕...

アメリカの経済指標

米雇用統計は、世界で最も注目されている経済指標で、短時間に大きな動きを期待でき...

為替カテゴリー

FX会社一覧