『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » 各国の経済指標 » オーストラリア経済指標の重要度

オーストラリア経済指標の重要度


オーストラリアの経済指標

オーストラリアの重要経済指標は、次のとおりです。

指標名 発表日時 重要度
RBA政策金利発表 毎月第1火曜日(夏12時30分・冬13時30分) ★★★
住宅建設許可件数 毎月上旬(夏9時30分・冬10時30分)
経常収支・貿易収支 毎月上旬(夏9時30分・冬10時30分)
小売売上高 毎月上旬(夏9時30分・冬10時30分) ★★
新規雇用者数・失業率 毎月中旬(夏9時30分・冬10時30分) ★★
景気先行指数 毎月中旬(夏8時・冬9時) ★★
RBA議事録 毎月第3火曜日(夏9時30分・冬10時30分) ★★
民間設備投資 四半期ごと(夏9時30分・冬10時30分) ★★
GDP(国内総生産) 四半期ごと(夏9時30分・冬10時30分) ★★
生産者物価指数 四半期ごと(夏9時30分・冬10時30分) ★★

オーストラリアの情報

オーストラリアの基本情報は、次のとおりです。

【国名】 オーストラリア(Australia)
【首都】 キャンベラ
【人口】 約2,129万人
【GDP】 1兆4,882億ドル(2011年)
【通貨】 オーストラリアドル(豪ドル)
【産業】 牧畜・農業・鉱業・観光など

FX(為替)とオーストラリア経済指標について

オーストラリアドルは日本では「豪ドル」とも略され、その特長として金利が高いことが挙げられます。

資源国なので、鉱物資源の産出量によって影響を受けるのですが、それによってインフレが起こり資金が不足することを避けるため、金利を上げて豪ドルを買ってもらっているのです。

そのため、FXでも金利にあたるスワップを得ることを目的に、ポジションを長期間キープするスイングトレードに適した通貨として人気です。

その中でも日本人に一番人気な通貨ペアは、豪ドル/円となっています。

豪ドルは、オーストラリアの経済指標に大きく反応する特徴があり、特に『失業率』や『RBA政策金利発表』は大きく動く可能性があるので、この発表時間を狙ってのスキャルピングやデイトレードもおすすめです。

ちなみに、豪ドルが大きく動いても、ドル円はそれほど影響を受けません。

ただし、オーストラリアは中国と貿易が盛んなため、豪ドルは中国の経済指標にも反応するので、その点も覚えておきましょう。



New Posts

安倍首相退陣報道時のドル円1時間足

安倍首相が2週間連続で病院に行き、顔色も悪く、元気もないことで、世間では退陣予...

米ドル円暴落

米ドル円が全く動かなくなりました。これでは米ドル円で稼ぐことはできません。米ド...

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ