『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » FXトレード方法 » 為替のゴトー日とは?

為替のゴトー日とは?


「5と10が付く日」と月末は、為替では「ゴトー日」と呼ばれ、海外との支払いが活発に行われるので、仲値に向けてドル不足となります。

日本国内の輸入企業が海外の会社に支払うために、円を売ってドルを買うため、円安になる確率が高いのがこのゴトー日の特徴です。

したがって、仲値が決まる9時55分に向けてドル円が買われ易いので、この上昇トレンドに乗ってトレードすることもひとつの手法として知られています。

なお、ゴトー日が土日祝の場合は、前日に繰上げされるので注意が必要です。

ゴトー日のトレード手法

ゴトー日のトレードの流れ

  1. 5日、10日、15日、20日、25日、30日(土日祝の場合はその前日)、月末であること
  2. 前日に上昇している場合は見送る
  3. 時間は朝8~9時頃、通貨ペアはドル円
  4. 直近や前日、当日の安値・高値を見て、ある程度の値幅があり、現在の値が安値で下げ止まったら買い
  5. ただし、上昇しなければ損切りする
  6. 上昇した場合は、高値を超えられなかったり、超えてもストップを付けたところで利確する
  7. よほど強い上昇でない限り、9時55分前には利確する

ゴトー日はドル円が買われやすいので、買いでエントリーするのが通常のトレード法ですが、為替のニュースでもドル不足の状況については滅多に発表されることはないので、チャートの値動きを見てトレードするしかありません。

そのため、その日の値幅と安値を見て、現在の値が安い位置であれば、上昇の流れを察知して買いでエントリーします。

ただ、翌日がゴトー日の場合は、前日の夜から買われることもあり、その場合はすでに上げた状態でゴトー日が始まるので、あまり上値余地は期待できないでしょう。

結局、ゴトー日の買いトレードは、その時の状況を見て判断し、上昇すると見極めたらエントリーするしかありません。

必ず、ゴトー日に上昇するとは限らないので、このトレード手法を身に着けるにはある程度の経験が必要です。

そして、仲値に向けて上昇した場合は、ドル不足が解消すると下落する傾向があるので、9時55分手前から決済のタイミングを計る必要があります。



Related article

「有り金」の意味を調べると、「現在手元にある金」「持っている全部の現金」となっています。 前者と後者では少し意味が違いますが、よく「有り金...


「FXでは損切りが絶対必要」ということで、その言葉を信じて損切りしていると損失がどんどん増えていくことがあります。 これが損切り貧乏です。...


ロンドンフィックス(ロンドンフィキシング)とは、ロンドン時間にあり、その日の取引に利用する基準レートを決める時間で、ちょうど東京時間の仲値と...


FXでは逆指値(ストップロス)が重要であることはわかっても、FX初心者の場合、どこで損切ればいいか分からないですよね。 そこで、損切りの目...


為替レートは、取引が行われる月曜日早朝から土曜日早朝まで、ずっと変動し続けます。 この状態で銀行などの金融機関と顧客が取引すると、毎度、為...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

米ドル円暴落

米ドル円が全く動かなくなりました。これでは米ドル円で稼ぐことはできません。米ド...

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

FXを有り金でトレードしてはいけない

FXを有り金でトレードすると、メンタル面で追い込まれてほぼ確実に損します。余裕...

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ