『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » FXトレード方法 » ロンドンフィックスとは?時間はいつ?

ロンドンフィックスとは?時間はいつ?


ロンドンフィックス(ロンドンフィキシング)とは、ロンドン時間にあり、その日の取引に利用する基準レートを決める時間で、ちょうど東京時間の仲値と同じです。

ただし、仲値が円を中心とした動きになるのに対し、ロンドンフィックスはドルやポンド、ユーロを中心とした動きになります。

取引高が多いユーロドルやポンドドルなどが活発に動くので、FXトレードするにはチャンスですが、同時に危険な時間でもあります。

このロンドンフィックスの時間は、次のとおりです。

  • 夏時間 日本時間 午前0時
  • 冬時間 日本時間 午前1時

翌日のことを考えると、会社員には厳しいでしょう。

ロンドンフィックス時の注意点

東京時間の仲値が円安になりやすい傾向がある反面、ロンドンフィックスは買われるか売られるか分かりません。

その時の状況を判断するしかないのです。

日本人が主にトレードするドル円やクロス円について直接大きな動きになることは少ないですが、相場の状況によっては欧米通貨の影響を受けて大きく動くので注意してください。

ロンドンフィックスに絡んでトレードするなら、世界的に参加者の多いユーロドルがお勧めです。

値動きとしては、午前0時(冬時間は午前1時)に向かって動きが活発になり、ロンドンフィックスを過ぎると値動きがなくなります。

ただし、ロンドンフィックスが午前0時ということで、その数時間前に米経済指標が発表されて既に流れができていたり、日が変わった後に要人発言や大きなニュースで突発的な動きになることもあり、油断はできません。

午前2時を過ぎるとよっぽどのことがない限り大きな動きは期待できないので、健康面を考えて寝た方が良いでしょう。



Related article

FX会社によって利用しているトレードシステムやチャートが違います。 また、スプレッドやスワップなどの条件もそれぞれのFX会社によって違いま...


「有り金」の意味を調べると、「現在手元にある金」「持っている全部の現金」となっています。 前者と後者では少し意味が違いますが、よく「有り金...


FXでは逆指値(ストップロス)が重要であることはわかっても、FX初心者の場合、どこで損切ればいいか分からないですよね。 そこで、損切りの目...


FXトレードをする上で、かなり重要なのがFX会社の選び方です。 FXをしたことがない方は、「銀行も大差ないので、FX会社もどこでも一緒だろ...


為替レートに絶対的な値はないので、ずっと含み損に耐えてポジションを持ち続けると、1回の負けで退場になってしまう危険性があります。 大抵、そ...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

米ドル円暴落

米ドル円が全く動かなくなりました。これでは米ドル円で稼ぐことはできません。米ド...

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

FXを有り金でトレードしてはいけない

FXを有り金でトレードすると、メンタル面で追い込まれてほぼ確実に損します。余裕...

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ