『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » FXトレード方法 » 為替の仲値とは?時間とトレード手法

為替の仲値とは?時間とトレード手法


為替レートは、取引が行われる月曜日早朝から土曜日早朝まで、ずっと変動し続けます。

この状態で銀行などの金融機関と顧客が取引すると、毎度、為替レートの計算をし直さなければならなくなり面倒です。

そこで、東京時間の10時(正確には9時55分)に、それぞれの金融機関が外国為替市場(インターバンク)の為替レートを基準としてその日1日のレートを決定し、その基準レートを基にその日の取引が行われます。

仲値(TTM:Telegraphic Transfer Middle rate)とは、この9時55分に決定された為替レートのことで、東京時間で動くメインのポイントなので、参加するならここを狙いましょう。

なお、公表された仲値はその日ずっと利用されますが、実際のレートが1円以上乖離した場合には公表停止され、改めて仲値が決められます。

仲値前後の値動きの特徴・トレード手法

仲値は、邦銀と顧客との取引に利用される為替レートなので、ドル円やユーロ円、ポンド円、豪ドル円など、円絡みの通貨ペアの値動きが活発となります。

朝10時(9時55分)に向けて、レートを上げたい金融機関と下げたい金融機関がせめぎ合う東京時間唯一のトレードチャンスと言ってもいいくらいのポイントで、これ以降は動きがなくなるため、参加するなら短期トレードがお勧めです。

仲値の傾向として、「仲値不足」と言ってドルが不足するため、円を売ってドルを買う行為により、円安になりやすいです。

そして、仲値公示後は、ドルの必要がなくなるので今度は円高に傾きます。

したがって、仲値のトレード手法としては、朝8時から朝9時に安いところで買って、9時55分前に利確するのが定石で、その傾向はゴトー日に顕著です。

ただし、「円安 > 仲値 > 円高」の流れは、あくまでもよくあるパターンなだけであって、必ずしもそうなるとは限りません。

毎日、「仲値前に買って仲値で売る」というトレードをしていると、必ず大負けするので注意してください。

なお、仲値後は動きが少なくなり、欧州勢が参加してくるとそれまでの動きと逆に動いてストップ狩りしてくることが多いので、仲値で一旦ノーポジションになった方が良いでしょう。

仲値トレードに失敗して含み損になっている場合も、安全を考えて損切ることがベストです。



Related article

FXでは、ポジションを持ったら逆指値(ロスカット)を入れるのがルールですが、設定していないとどんどん逆に動いて含み損が膨らみます。 「利確...


デモトレードで試して使い勝手が良さそうなら、いよいよFX口座開設です。 基本的にどこのFX会社でも大体同じ手続きで口座を開設できます。 ...


ロンドンフィックス(ロンドンフィキシング)とは、ロンドン時間にあり、その日の取引に利用する基準レートを決める時間で、ちょうど東京時間の仲値と...


「有り金」の意味を調べると、「現在手元にある金」「持っている全部の現金」となっています。 前者と後者では少し意味が違いますが、よく「有り金...


FXの取引方法は、売りと買いの2択しかありません。 下げると予想したら「売りで入って買いで決済」し、逆に上げると予想したら「買いで入って売...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

安倍首相退陣報道時のドル円1時間足

安倍首相が2週間連続で病院に行き、顔色も悪く、元気もないことで、世間では退陣予...

米ドル円暴落

米ドル円が全く動かなくなりました。これでは米ドル円で稼ぐことはできません。米ド...

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ