『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » FXトレード方法 » FXで損切り貧乏になる原因と対策

FXで損切り貧乏になる原因と対策


「FXでは損切りが絶対必要」ということで、その言葉を信じて損切りしていると損失がどんどん増えていくことがあります。

これが損切り貧乏です。

1回の損失は少なくても負けがかさむので、トータルでは結構な損失額になります。

かと言って、損切りせずに含み損に耐えると、いつか1回の負けで大きな損失を喰らうので絶対にダメです。

このように、損切りは必要ですが、損切り貧乏になっては意味がないので、その原因と対策を知り、損切り貧乏にならないトレードを心掛けましょう。

狭いレンジにもかかわらず上下で損切り貧乏になる原因と対策

FXでよくあるのが、売ったら上昇され損切り、それならと買った途端に下落され損切りを繰り返すパターンです。

20~30pipsの狭いレンジでも、あっという間に100pipsを超える損失になっていることもあるので注意が必要です。

このパターンに入り込むと、「さっきのポジションを持っていたら勝っていたのに!!」、「また逆に動きやがって!!」と、怒りで何をやっているかわからないくらいエントリー・決済を繰り返してボロボロになります。

狭いレンジで損切り貧乏になる原因

  • レンジの上限・下限が見えていない
  • 負けを獲り返そうと熱くなって、すぐに反対のポジションを持つ
  • ポジポジ病になって、絶えずポジションを持っている
  • 早めに損切りしていない
  • ストップの設定がギリギリ過ぎて、ストップを付けられた後に反転されている
損切り貧乏にならないようにする対策

狭いレンジで損切り貧乏にならないようにするには、上記の原因の逆のことをすることですが、特に重要なのが「負けてもすぐに獲り返そうとしてエントリーしない」ことに尽きます。これさえ守れば、レンジで往復ビンタを喰らう確率が激減します。

勝率は高いのに損切り貧乏になる

勝つ回数は多くて、損切りもしっかりしているのに損しているという人は、結構います。

無駄にスプレッドを払って、さらに損を積み重ねているので、トレード手法を改善しなければなりません。

勝率は高いのに損切り貧乏になる原因

  • 利確・損切りの位置が見えていない状態でエントリーしている
  • 待ちきれず早めにエントリーしている
  • 中途半端なスキャルピングで、一日に何度も無駄なエントリーしている
  • 「利確の幅」よりも「損切りの幅」の方が広い
  • 早めに損切りしていない
損切り貧乏にならないようにする対策

勝率は高いのに損切り貧乏になっている人は、利確・損切りのポイントが見えた状態で、できるだけ損切りポイントに引き付けてエントリーしましょう。また、このパターンで損切り貧乏になる人は主にスキャルピングをしている人なので、トレードスタイルの変更も考慮してください。



Related article

ロンドンフィックス(ロンドンフィキシング)とは、ロンドン時間にあり、その日の取引に利用する基準レートを決める時間で、ちょうど東京時間の仲値と...


為替レートは、取引が行われる月曜日早朝から土曜日早朝まで、ずっと変動し続けます。 この状態で銀行などの金融機関と顧客が取引すると、毎度、為...


為替レートに絶対的な値はないので、ずっと含み損に耐えてポジションを持ち続けると、1回の負けで退場になってしまう危険性があります。 大抵、そ...


FXでは逆指値(ストップロス)が重要であることはわかっても、FX初心者の場合、どこで損切ればいいか分からないですよね。 そこで、損切りの目...


「有り金」の意味を調べると、「現在手元にある金」「持っている全部の現金」となっています。 前者と後者では少し意味が違いますが、よく「有り金...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

安倍首相退陣報道時のドル円1時間足

安倍首相が2週間連続で病院に行き、顔色も悪く、元気もないことで、世間では退陣予...

米ドル円暴落

米ドル円が全く動かなくなりました。これでは米ドル円で稼ぐことはできません。米ド...

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ