『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » FX通貨ペア » 豪ドル/米ドル(AUD/USD)の特徴・値動き

豪ドル/米ドル(AUD/USD)の特徴・値動き


豪ドル/米ドル

日本では豪ドル/円の方が一般的ですが、世界的には豪ドル/米ドルの方がメジャーです。

そもそも、豪ドル/円などのクロス円は、米ドルに換金してそれぞれの通貨を取引しているので、豪ドル/円も豪ドル/米ドルも近い存在と言えます。

ただし、豪ドル/米ドルの方が取引き量が多いので、値動きがハッキリしており、日足チャートを見比べると形が結構違っていることが多いです。

向いているトレードスタイルはスワップ狙いのスイングトレードですが、豪ドル/円の方が若干スワップポイントが高いので、無理して豪ドル/米ドルでトレードする必要はないでしょう。

どうしても豪ドル/米ドルでトレードしたいという方は、FX会社によってかなりスワップ差があるので、できるだけ高いところを利用してください。

ちなみに、スプレッドにも差があり、この点においても豪ドル/円の方が狭いので勝っています。

結論として、豪ドル/米ドルで取引きするなら、スプレッドが狭いFX会社を利用して、動く時間に絞ってトレードするのが良いでしょう。

そうなると、9時30分(冬時間は10時30分)のオーストラリア経済指標か、21時30分(冬時間は22時30分)のアメリカ経済指標を狙うのがベストです。

特に、豪指標は他の通貨ペアが動いていなくても大きく動くので気を付けましょう。

あと、中国との貿易が盛んなことから、中国経済指標にも反応しやすいという特徴もあり、発表時間は気を抜けません。

豪ドル/米ドルのポイント

豪ドル/米ドルの特徴は、次のとおりです。

通貨ペア名 AUD/USD(オーストラリアドル/米ドル)
スプレッド 最狭は1.2pips~
スワップ 高いのでスワップ目的のスイングトレードに向いています。
動きやすい時間
  • 東京時間(9時30分からの豪指標<冬時間は10時30分から>)
  • ニューヨーク時間(21時30分からの米指標<冬時間は22時30分から>)
  • ロンドンフィックス(午前0時<冬時間は午前1時>)
トレードできるFX会社


Related article

米ドルは日本人にとって一番馴染みのある通貨ですが、スイスフランは全くと言っていいほど気にしていない通貨です。 その通貨の特徴として、米...


永世中立国として知られているスイスは、政治的に安定しており、ヨーロッパが有事の際にはスイスフランが安全通貨として買われやすい傾向がありま...


ユーロは世界第2位の取引量ですが、複数の国から成り立っているので、2015年のギリシャ債務問題のように、加盟国の1つに問題が生じただけで...


カナダは世界第2位の国土を有し、そこから採れる石油や鉱物などを海外に輸出しています。 つまり、加ドルも豪ドル/円と同じ資源国通貨であり...


ポンド/米ドルは、値動きNO.1のポンドと、世界的な取引で最も使われるドルの組み合わせなので、その値動きが大きいのが特徴です。 スプレ...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

安倍首相退陣報道時のドル円1時間足

安倍首相が2週間連続で病院に行き、顔色も悪く、元気もないことで、世間では退陣予...

米ドル円暴落

米ドル円が全く動かなくなりました。これでは米ドル円で稼ぐことはできません。米ド...

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ