『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » FX通貨ペア » ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)の特徴・値動き

ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)の特徴・値動き


ユーロ/スイスフラン

スイスは、機械・機器、製薬、観光などを主な産業としているため、資源国通貨のように産出量による影響を受けず、安定した経済状況を保っています。

そのため、自国通貨の信用がなくて取引に使えない国が、スイスフランを使って払うこともあり、それほど信用されているのです。

ユーロとスイスは同じヨーロッパですが、ユーロ圏の国に問題が生じた時にスイスフランが買われるという避難通貨的扱いが強く、これはまさに日本円と同じと言えますね。

実際、低金利な部分も日本円と同じで、スワップ目的のスイングトレードには適していません。

スプレッドも高めで、FX会社によっては3.0~10pipsというように、とんでもない条件になっています。

このようになっているのは、日本人の参加者がいないためで、そんな理由もありユーロ/スイスフランでトレードするメリットは皆無と言っていいでしょう。

トレードしている人が少ない通貨ペアの場合、『1ユーロ・1.2000フランの上限を撤廃』の時のように、突発的なニュースで予想以上の動きをすることもありますので、あえてリスクを負う必要はありません。

ユーロ/スイスフランのポイント

ユーロ/スイスフランの特徴は、次のとおりです。

通貨ペア名 EUR/CHF(ユーロ/スイスフラン)
スプレッド 最狭は1.8pips~
スワップ あまり高くないのでスワップ目的のスイングトレードには不向きです。
動きやすい時間
  • 欧州時間(15~19時)
  • ニューヨーク時間(21時30分からの米指標<冬時間は22時30分から>)
  • ロンドンフィックス(午前0時<冬時間は午前1時>)
トレードできるFX会社


Related article

永世中立国として知られているスイスは、政治的に安定しており、ヨーロッパが有事の際にはスイスフランが安全通貨として買われやすい傾向がありま...


為替に興味がない方が「南アフリカ」と聞いても、「アフリカ大陸の南にある国で、2010年にFIFAワールドカップが行われた」くらいしか思い...


豪ドル/円は、米ドル/円よりも値動きが大きく、動きもハッキリしているので、トレードしやすいのが魅力です。 鉱物資源産出国、産油国、農業...


ユーロ/円はそこそこの値動きがあり、スプレッドも比較的狭いので、米ドル/円からのステップアップとして多くの方が選択する通貨ペアです。 ...


ポンド/米ドルは、値動きNO.1のポンドと、世界的な取引で最も使われるドルの組み合わせなので、その値動きが大きいのが特徴です。 スプレ...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

New Posts

ドル円の日足チャート(2021年6月21日)

2021年6月21日(月曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、110円...

ドル円の日足チャート(2021年6月18日)

2021年6月18日(金曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、FOMC...

ドル円の日足チャート(2021年6月17日)

2021年6月17日(木曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、FOMC...

ドル円の日足チャート(2021年6月16日)

2021年6月16日(水曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、110円...

ドル円の日足チャート(2021年6月15日)

2021年6月15日(火曜日)のドル円の値動きを予想します。ドル円は、110円...

ドル円予想

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ