『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » FX通貨ペア » ユーロ/ポンド(EUR/GBP)の特徴・値動き

ユーロ/ポンド(EUR/GBP)の特徴・値動き


ユーロ/ポンド

ユーロ/ポンドは、通貨取引量第2位のユーロと第4位のポンドの組み合わせです。

両通貨とも値動きが激しいのが特徴なだけに、この組み合わせもよく動きます。

ただし、スプレッドが少し広いのでスキャルピングするには抵抗があり、値動きのある通貨ペアならばポンド/円ユーロ/米ドルの方がスプレッドが狭いのでおすすめです。

スワップもそれほど魅力的ではないので、リスクを負うには至りません。

以上の理由と円絡みでないことから、ユーロ/ポンドは日本人にはあまり人気はなく、あえてトレードする必要はないでしょう。

それでも狙うとすれば、17時30分(冬時間は18時30分)の英指標で、スキャルピングかデイトレードならば十分にチャンスがあります。

動き出すと一方的に動く通貨ペアですが、そうかと思えば往って来いになるケースもあるため、トレードするなら短時間で早めの判断力と決断力が必要です。

ユーロ/ポンドで取引きしている人はかなり熟練者なので、FX初心者の方は避けた方がよい通貨ペアと言えるでしょう。

ユーロ/ポンドのポイント

ユーロ/ポンドの特徴は、次のとおりです。

通貨ペア名 EUR/GBP(ユーロ/ポンド)
スプレッド 最狭は1.4pips~
スワップ あまり高くないのでスワップ目的のスイングトレードには不向きです。
動きやすい時間
  • 欧州時間(15~19時)
  • ニューヨーク時間(21時30分からの米指標<冬時間は22時30分から>)
  • ロンドンフィックス(午前0時<冬時間は午前1時>)
トレードできるFX会社


Related article

ユーロ/ニュージーランドドルは、ユーロ/豪ドルと同様にユーロと資源国通貨の組み合わせです。 オーストラリアでは鉱物資源や石油が採れるの...


ユーロ/米ドルは、通貨流通量第1位の米ドルと第2位のユーロの組み合わせなだけあって、取引量が一番多い通貨ペアです。 ユーロ/米ドルはい...


為替に興味がない方が「南アフリカ」と聞いても、「アフリカ大陸の南にある国で、2010年にFIFAワールドカップが行われた」くらいしか思い...


ポンド/米ドルは、値動きNO.1のポンドと、世界的な取引で最も使われるドルの組み合わせなので、その値動きが大きいのが特徴です。 スプレ...


カナダは世界第2位の国土を有し、そこから採れる石油や鉱物などを海外に輸出しています。 つまり、加ドルも豪ドル/円と同じ資源国通貨であり...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

安倍首相退陣報道時のドル円1時間足

安倍首相が2週間連続で病院に行き、顔色も悪く、元気もないことで、世間では退陣予...

米ドル円暴落

米ドル円が全く動かなくなりました。これでは米ドル円で稼ぐことはできません。米ド...

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ