『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » FX通貨ペア » ポンド/米ドル(GBP/USD)の特徴・値動き

ポンド/米ドル(GBP/USD)の特徴・値動き


ポンド/米ドル

ポンド/米ドルは、値動きNO.1のポンドと、世界的な取引で最も使われるドルの組み合わせなので、その値動きが大きいのが特徴です。

スプレッドもポンド円と同じか少し広いだけなので、スキャルピング、デイトレードのどちらでもトレードできます。

ただし、あえてポンド/米ドルでトレードする必要はなく、ポンド/円でトレードした方が良いですね。

実際、ポンド/円でトレードする人の方が圧倒的に多いです。

提案として、ポンドか日本円主導で動いているならポンド/円、ドル主導で動いているならポンド/米ドルでトレードするのがいいと思います。

17時30分(冬時間は18時30分)からの英指標が一番動く時間で、結果次第では一瞬で100pips以上変動し、そのまま戻ってこなくなることもあるので、この時間前に決済してノーポジションで臨みましょう。

また、21時30分(冬時間は22時30分)からの米指標にも大きく反応することがあるので、この時間もチャンスであると同時に危険です。

なお、スワップが低いのでスイングトレードには適していません。

ポンド/米ドルのポイント

ポンド/米ドルの特徴は、次のとおりです。

通貨ペア名 GBP/USD(ポンド/米ドル)
スプレッド 最狭は1.2pips~
スワップ 低いのでスワップ目的のスイングトレードには不向きです。
動きやすい時間
  • 欧州時間(17時30分からの英指標<冬時間は18時30分から>)
  • ニューヨーク時間(21時30分からの米指標<冬時間は22時30分から>)
  • ロンドンフィックス(午前0時<冬時間は午前1時>)
トレードできるFX会社


Related article

為替に興味がない方が「南アフリカ」と聞いても、「アフリカ大陸の南にある国で、2010年にFIFAワールドカップが行われた」くらいしか思い...


ユーロ/米ドルは、通貨流通量第1位の米ドルと第2位のユーロの組み合わせなだけあって、取引量が一番多い通貨ペアです。 ユーロ/米ドルはい...


米ドル/カナダドルは、世界NO.1の取引量で基軸通貨である米ドルと資源国通貨であるカナダドルの通貨ペアです。 隣国ということで貿易も盛...


ユーロ/円はそこそこの値動きがあり、スプレッドも比較的狭いので、米ドル/円からのステップアップとして多くの方が選択する通貨ペアです。 ...


日本では豪ドル/円の方が一般的ですが、世界的には豪ドル/米ドルの方がメジャーです。 そもそも、豪ドル/円などのクロス円は、米ドルに換金...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

安倍首相退陣報道時のドル円1時間足

安倍首相が2週間連続で病院に行き、顔色も悪く、元気もないことで、世間では退陣予...

米ドル円暴落

米ドル円が全く動かなくなりました。これでは米ドル円で稼ぐことはできません。米ド...

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

為替カテゴリー

FX会社一覧

お問い合わせ