『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » FX必勝テクニック » ローソク足が日足5MAから乖離

ローソク足が日足5MAから乖離


テクニカルのひとつに、移動平均線があります。

一般的なテクニカルなので、FXをやっている人すべてが知っているでしょう。

ローソク足は、この移動平均線の日足5MAからはそんなに離れないという特徴があります。

簡単に言うと、ローソク足の髭・本体の上下どちらかが一日に一回は触れる、または、近くまで行くことがほとんどということです。

そのため、前日に大きく一方的に動いた場合は、日足5MAまで戻すことが多いので、その反発の動きを利用して、逆張りでエントリーします。

決済は、日足5MAに触れたところです。

ただし、注意点があります。

日足5MA乖離時の逆張りトレード注意点

ドル円・日足チャート(2018年4月26日)

上の画像は、ドル円・日足チャート(2018年4月26日)です。
赤線:5MA
青線:25MA
黄色の線:75MA
ピンク色の線:200MA

ほぼ毎日、ローソク足は5MAに触れます。

ただし、強いトレンドが発生して勢いがある時は、動きが少ないドル円でも一方的に動き、上の画像のように、数日間連続でローソク足が日足5MAに触れない日があります。

この時は、迷わず損切りしなければなりません。

もし損切りしなかった場合、その時は助かっても、いずれ高額な含み損を抱えます。

(1)枚数を減らす
完全に逆張りのトレードになるので、安全のためにも枚数をできるだけ減らしましょう。そのまま一方的に動く可能性もあり、その場合は大きく損してしまうので、枚数を減らすことは厳守です。
(2)なるべくドル円に限定する
この方法が有効なのは、比較的動きが緩やかなドル円です。ポンドやユーロは普段から動きが大きいので、日足5MAから乖離していることも多いです。ポンド・ユーロは参考程度に見てください。
(3)介入などの時は使えない
為替介入や世界的な暴落時は、テクニカルに関係なく一方的に動くので使えません。

このトレード方法を実践する場合は、必ず上記3つのルールを守りましょう。



Related article

上の画像はドル円1時間足(ローソク足)です。 赤線:5MA 青線:25MA 黄土色の線:75MA ピンク色の線:200MA 左の赤い下...


上の画像はドル円4時間足(ローソク足)です。 赤線:5MA 青線:25MA 黄土色の線:75MA ピンク色の線:200MA 上の矢印2...


FXに限らず、投資には、チャートに勝ちやすいパターンが現れることがあります。 「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、その中でも特に有名...


FXにおいて、チャート上にある勝ちやすいパターンが現れることがあります。 その中で最も有名なのがダブルトップ・ダブルボトムですが、そ...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

FXを有り金でトレードしてはいけない

FXを有り金でトレードすると、メンタル面で追い込まれてほぼ確実に損します。余裕...

アメリカの経済指標

米雇用統計は、世界で最も注目されている経済指標で、短時間に大きな動きを期待でき...

為替カテゴリー

FX会社一覧