『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » FX必勝テクニック » ダブルトップ、ダブルボトム FX!エントリー・利確・だまし・損切り

ダブルトップ、ダブルボトム FX!エントリー・利確・だまし・損切り


FXに限らず、投資には、チャートに勝ちやすいパターンが現れることがあります。

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、その中でも特に有名なチャートパターンで、正しいトレード手法を習得すれば、かなりの確率で勝つことが可能です。

トレードチャンスは少なくなりますが、ダブルトップ・ダブルボトムだけを待って正しくトレードすれば、生涯成績は必ずプラスになります。

しかし、間違ったトレードをすると、とんでもない大損になってしまうでしょう。

そこで、FX初心者にも分かりやすいように、ダブルトップ・ダブルボトムのトレード手法(エントリー・利確・ダマシ・損切り)について説明するので、ぜひ、この機会に覚えてください。

ダブルトップ・ダブルボトムとは?

ダブルトップ・ダブルボトムとは?

ダブルトップ(毛抜き天井)とは、1つ目の「山1」を形成後に一旦下落して「谷」を作り、再び上昇するも、「山1」近辺で力尽きて下落するチャートパターンで、天井を示唆します。

「山2」が、「山1」とほぼ同じ値の「面合わせ」の状態になるとキレイなM字になりますが、「山2」が「山1」に届かなかったり、少し超えた場合は、少しいびつなM字となります。

しかし、どちらもダブルトップであることは間違いなく、この後、大きく下落する可能性が高いです。

一方、ダブルボトム(毛抜き底)は、「谷1」「山」「谷2」の順でW字の形になるチャートパターンで、底を示唆しています。

チャートにダブルボトムが現れると、その後、大きく上昇する可能性が高いです。

ダブルトップが「M字」、ダブルボトムが「W字」と覚えておけば良いでしょう。

ちなみに、山3つの「トリプルトップ」、谷3つの「トリプルボトム」という形になることもありますが、トレード手法としては同じです。

「ダブルトップ」「ダブルボトム」のエントリー・利確

「ダブルトップ」「ダブルボトム」のエントリ・利確

ダブルトップを形成しそうな場合は、チャートに上記の3つのトレンドラインを引きます。

慣れれば、ネックラインだけで、後は暗算で良いでしょう。

ダブルトップは、頂点からネックラインの値幅分、ネックラインから下落するので、ターゲット(目標)が分かりやすいです。

例えば、頂点からネックラインの値幅が100pipsなら、ネックラインから100pips下までは下落するので、そこを目標に利益を伸ばすことになります。

ダブルトップのエントリーのタイミングは、ネックラインを確実に割れた場所「(1)売り」ですが、すんなり下落するとは限りませんし、ダマシもあるので、全力で売ってはいけません。

ユーロドルやポンド円などの値動きの激しい通貨ペアの場合は、一時的にネックラインを割れたり超えたりすることがあります。

利確ポイントは、頂点からネックラインの値幅分、ネックラインから下「(2)利確」ですが、状況によってさらに下落するので、その時々で判断してください。

ダブルボトムの場合は、ネックラインを超えたところで買いでエントリーし、ターゲットポイントで利確です。

「ダブルトップ」「ダブルボトム」のダマシ・損切り

「ダブルトップ」「ダブルボトム」のダマシ・損切り

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、形になりそうになると、「少しでも多く稼ぎたい!」と思う気持ちから、ネックラインを割れたり超えたりする前にエントリーしてしまうFX初心者がいます。

しかし、「ダブルトップ崩しで上昇トレンド発生」で説明している通り、ギリギリで回避する場合もあるので、欲張らないようにしましょう。

また、ネックラインを割れたり超えたりしても、ダマシで戻すことがあります。

ダブルトップ・ダブルボトムのダマシは、ネックライン付近でしばらくモタモタし、ストップとなるポジションを十分に溜めた後、急に戻すことが多いです。

「15分足より1時間足」「1時間足より4時間足」「4時間足より日足」というように、時間足が長くなるほどダマシに遭った際の損失も大きくなるので、損切りも徹底してください。

ダブルトップの損切りは、頂点に引いたトレンドラインの少し上です。

一方、ダブルボトムの損切りは、底に引いたトレンドラインの少し下です。

エントリーした際は、必ず、逆指値注文を入れましょう。

「ダブルトップ」「ダブルボトム」の事例

ユーロドルのダブルトップ

上の画像は、2019年10月、11月頃のユーロドルの日足チャートです。

見ていただければ一目瞭然ですが、キレイなダブルトップを形成して大きく下落しています。

頂点からネックラインまでの値幅が約105pipsなので、後20pips位は落ちてもおかしくありませんでしたが、直近安値でサポートされ、一旦下げ止まりました。

その後、半値戻した後に再び下落し、ターゲットに到達しています。



Related article

FXにおいて、チャート上にある勝ちやすいパターンが現れることがあります。 その中で最も有名なのがダブルトップ・ダブルボトムですが、そ...


テクニカルのひとつに、移動平均線があります。 一般的なテクニカルなので、FXをやっている人すべてが知っているでしょう。 ローソク足は、こ...


上の画像はドル円4時間足(ローソク足)です。 赤線:5MA 青線:25MA 黄土色の線:75MA ピンク色の線:200MA 上の矢印2...


上の画像はドル円1時間足(ローソク足)です。 赤線:5MA 青線:25MA 黄土色の線:75MA ピンク色の線:200MA 左の赤い下...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

FXを有り金でトレードしてはいけない

FXを有り金でトレードすると、メンタル面で追い込まれてほぼ確実に損します。余裕...

アメリカの経済指標

米雇用統計は、世界で最も注目されている経済指標で、短時間に大きな動きを期待でき...

為替カテゴリー

FX会社一覧