『先見FX』では、FX初心者でも値動きを先読みできるように、FXの基本やテクニック、コツ、体験談などを詳しく解説しています。
先見FX
HOME » FX必勝テクニック » ヘッドアンドショルダー FX!エントリー・利確・ダマシ・損切り

ヘッドアンドショルダー FX!エントリー・利確・ダマシ・損切り


FXにおいて、チャート上にある勝ちやすいパターンが現れることがあります。

その中で最も有名なのがダブルトップ・ダブルボトムですが、それと同じくらい有名なのが「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」です。

両者は、似ているようで微妙に違います。

しかし、正しいトレード手法を実践すれば、トータルで必ず勝てることは変わりません。

そこで、FX初心者にも分かりやすいように、ヘッドアンドショルダー・逆ヘッドアンドショルダーのトレード手法(エントリー・利確・ダマシ・損切り)について説明するので、ぜひ、この機会に覚えてください。

ヘッドアンドショルダー・逆ヘッドアンドショルダーとは?

ヘッドアンドショルダー・逆ヘッドアンドショルダーとは?

ヘッドアンドショルダー(三尊天井)とは、上昇下落を繰り返し、「肩1」「肩1を超える頭」「頭を超えられない肩2」を形成後に、大きく下落するチャートパタンで、天井を示唆します。

チャートの形を人の両肩と頭に見立て、「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」と呼ばれています。

一方、逆ヘッドアンドショルダー(逆三尊)とは、ヘッドアンドショルダーを逆にしたチャートパターンで、底打ちを示唆します。

FX初心者の方は見分けづらいかもしれませんが、簡単なのですぐに見分けられるようになるでしょう。

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」のエントリー・利確

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」のエントリー・利確

ヘッドアンドショルダーを形成しそうな場合は、「谷1」と「谷2」を結ぶトレンドラインを引いてください。

このトレンドラインをネックラインと呼び、ネックラインを割れると、「頭」からネックラインの値幅分、ネックラインから下落します。

例えば、「頭」からネックラインまでの値幅が100pipsなら、ネックラインから100pips下まで下落する可能性が高いです。

逆ヘッドアンドショルダーを形成しそうな場合は、「山1」と「山2」を結ぶトレンドラインを引きます。

ヘッドアンドショルダー・逆ヘッドアンドショルダーを完成させるか否かはその時まで分かりませんが、それぞれ、「肩2」を形成中にトレンドラインを引けるでしょう。

ヘッドアンドショルダーのエントリーのタイミングは、ネックラインを割り込んだ位置「(1)売り」で、利確は算出した「(2)利確」となりますが、利確位置はその時の状況によって上下するので、自ら判断してください。

逆ヘッドアンドショルダーの場合は、ネックラインを超えた位置「(1)買い」でエントリーし、算出した「(2)利確」で決済してください。

ヘッドアンドショルダーのネックラインの傾き

ヘッドアンドショルダーのネックラインの傾き

ヘッドアンドショルダーは、「谷2」が「谷1」より浅いほどネックラインが右肩上がりになるため、ヘッドアンドショルダーを完成させやすくなりますが、値幅が少ないのでターゲット(目標)も浅くなります。

逆に、「谷2」が「谷1」より深いほどネックラインが右肩下がりになるため、ヘッドアンドショルダーを完成させにくいです。

それでも、ネックラインを割れた場合は、値幅があるので大きく勝てるチャンスが広がります。

逆ヘッドアンドショルダーについても、ネックラインの傾きにより、ヘッドアンドショルダー同様の特徴があります。

したがって、ヘッドアンドショルダー・逆ヘッドアンドショルダーでエントリーする場合は、ネックラインの傾きにも注意してトレードしましょう。

そして、時間経過と共に、右肩上がりのネックラインは近くなり、右肩下がりのネックラインは遠くなるということも、大きなトレード判断のひとつとなります。

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」のダマシ・損切り

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」のダマシ・損切り

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」は、多くの人が狙っているので、ネックラインをブレイクしたらターゲット(目標)まで行く可能性が高いです。

しかし、絶対ではありません。

ダマシに遭った際に損切りしないと、とんでもない損失を被る可能性があるので、必ず損切りしましょう。

ヘッドアンドショルダー・逆ヘッドアンドショルダーの損切りポイントは、次の2ヶ所です。

ヘッドアンドショルダーの場合は、直近高値である「肩2」を超えた時点「(2)損切り」で一旦損切った方が良く、「頭」まで引き付けてもう一度売り場を探すか、見送るか判断します。

もしキープし続けても、「(3)損切り」を明確に超えたら絶対に損切りすべきです。

逆ヘッドアンドショルダーの場合は、直近安値である「肩2」を割れた時点「(2)損切り」で損切り、キープし続けても「(3)損切り」では損切りしなければなりません。

ヘッドアンドショルダー・逆ヘッドアンドショルダーでエントリーしたら、(2)または(3)の少し上、少し下にストップを入れてください。

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

上の画像は、2019年11月のドル円の4時間足チャートです。

2019年11月12日にネックラインを下にブレイクしてヘッドアンドショルダーを完成させ、その後、大きく下落しています。

このように、ヘッドアンドショルダー・逆ヘッドアンドショルダーは大きく勝つチャンスです。

下に突っ込んだところで、利益確定しましょう。



Related article

上の画像はドル円1時間足(ローソク足)です。 赤線:5MA 青線:25MA 黄土色の線:75MA ピンク色の線:200MA 左の赤い下...


上の画像はドル円4時間足(ローソク足)です。 赤線:5MA 青線:25MA 黄土色の線:75MA ピンク色の線:200MA 上の矢印2...


テクニカルのひとつに、移動平均線があります。 一般的なテクニカルなので、FXをやっている人すべてが知っているでしょう。 ローソク足は、こ...


FXに限らず、投資には、チャートに勝ちやすいパターンが現れることがあります。 「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、その中でも特に有名...



Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

New Posts

「ヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」の事例

「ヘッドアンドショルダー(三尊天井)」は下落、「逆ヘッドアンドショルダー(逆三...

ユーロドルのダブルトップ

「ダブルトップ」「ダブルボトム」は、投資で勝ちやすいチャートパターンです。ダブ...

FX危険トレード

2016年6月24日にイギリスでEU残留・離脱を問う国民投票の結果が発表され、...

FXを有り金でトレードしてはいけない

FXを有り金でトレードすると、メンタル面で追い込まれてほぼ確実に損します。余裕...

アメリカの経済指標

米雇用統計は、世界で最も注目されている経済指標で、短時間に大きな動きを期待でき...

為替カテゴリー

FX会社一覧